スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみを飼う準備

ふみを飼う、ということになると、いろいろなものが必要になる。手持ちのものを流用しつつ次のものを準備。

  • ケージ……3段のワイヤーペットケージ(アイリス PEC-903
  • ごはん皿……陶器、直径12~13cmでなるべく糸尻部分の直径が大きなもの(開口部が狭いとひげがあたり、糸尻が狭いと安定性が悪い)
  • ごはん……ペットクリニックで与えられていたヒルズ・サイエンスダイエットシリーズのキトン
  • 水飲み皿……ペットケージに取り付けられるステンレス製のもの
  • トイレ……近所のスーパーでプラスチック製の水切りかご(食器かごと水受けが重なるタイプ、26x35x9cm)を購入。食器かご部分にトイレ砂を入れ、水受け部分に半分に折ったペットシーツを敷く。
  • トイレ砂……ニャンとも清潔トイレ用抗菌チップ(小さめの粒)を1/2袋ずつ
  • ペットシーツ……スカットシーツ・レギュラーサイズ(32x45cm) おしっこをこれで受けてビニール袋に入れ燃えるゴミとして処理
  • トイレスコップ&トレイ……スコップはニャンとも清潔トイレのものを流用、トレイは100均で14x21cm(トイペの幅114mmより少し広ければなんでもいい)のものを購入。トレイにトイペを敷き、スコップでトイレ砂と分離したうんちを受けて、水洗トイレにトイペごと流す。トイレ砂がトイレに流せるタイプならその方が楽かも。
  • トイレに流せるウェットティッシュ……いろいろ拭き取り用に、もっぱら花王・メリーズトイレに流せるシリーズを購入
  • つめとぎ……よくあるダンボールを接着剤で貼り合わせた、長さ45cmぐらいのやつ(ケース付)
  • つめきり……あれこれ試したけれど、多少スキルは必要なものの、結局はシンプルなこれを使用
  • ねこじゃらし……子猫であればたいがいのもので遊ぶのだけれど、既製品としてやはりごくシンプルなねこじゃらしを購入
  • クッション&バスタオル……ベッドの代わりに、クッションにバスタオルを巻いて使用
  • 木製踏み台……子猫だとケージの段を上り/下りきらないので、ホームセンターで売っていた20x20x20cmほどのものを、下段と中段に。しかし、ふみはそれをほとんど使わず、ワイヤー部分をサルのようによじ登るのが常。ということで「さるねこふみ」というブログページになりました。
ほかにもあった気がするけど、まずこんなところで。
関連記事
スポンサーサイト

ふみがうちにきた

7月21日夕方、平野町にふみを引き取りにゆく。例の皮膚炎が白癬菌由来であったときのために、1週間分の抗生剤(バチリオン+バザロイン)を処方された。

うちにやってきて初めての写真。何か考えているような、茫然としているような。

む。

→続きを読む

関連記事
いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ