スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃カステラ(万月堂)

長崎ローカルのお菓子といえば、梅月堂のシースクリームケーキと並んで有名なのが、ひなまつりの「桃カステラ」ですね。

IMGP12994

カステラ──というよりは固めに焼いたスポンジケーキの台の上に、こってりと桃色にシュガークリームコーティングされています(かちかちのシュガーコーティングではなく、ねっとりとしている)。黄緑の葉っぱのマジパン細工との色の対比も、長崎らしいと思います(長崎でちゃんぽんや皿うどんを食べると、食紅でピンクに縁取りをしたかまぼこと、同じく食品添加物で「緑」に縁取りをしたかまぼこが、両方はいっていることが珍しくないです)。

IMGP12996
1/4カットしてみました。

味はですね……「死ぬほど甘い」とか時々書かれているのを目にしますが、そんなにでもありません。ただし、シュガークリームのねっとりした甘さが口に残る時間は長いので、甘党でなければ食べるものでもないと思います。

桃カステラは3/3の雛祭りのお菓子ですが、長崎には、5/5の端午の節句のお菓子として「鯉菓子」というのもあります。いずれにせよ、長崎ローカルであることは間違いないですが、佐世保や諫早・大村、島原にもこれらがあるのかどうかは、よく知りません。なんとなく、長崎市ローカルなような気もします。「シュガーロード(長崎街道)」文化とも関係があるのかな?

 

K-r03722
カ:父ちゃん、虫歯になっても知らないよ。

そうですね。甘いものは好きですね。

関連記事
スポンサーサイト

長崎・佐世保の譲渡会等情報-032

下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
長崎はっぴーあにまるさん
長崎猫倶楽部さん
関連リンク:
長崎市動物管理センター[収容犬情報]
長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
させぼ地域ねこの会
長崎県地域猫活動連絡協議会
関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

譲渡会報告(2/27宝町公園・猫の会+Life of Animal-前編)

こちらも遅ればせながら、日曜日にあった譲渡会報告です。

K-r04839
公園の端、大型商業施設に近い方に、ポスターを設置中。

K-r04840
大型商業施設から歩いてきたひとには、こんなふうに目に留まることになります。


この日は、都合で動物管理センター収容犬の参加がありませんでしたので、比較的こじんまりとした譲渡会でした。まずは、猫の会ブースから。

どんぐりさん預かりのフジコちゃん(クロ・9ヶ月くらい?)。FIV(いわゆる猫エイズウィルス)のキャリアです。

K-r05081

K-r05153
ほんとうは、喉元に白い毛が生えていてチャームポイントになっているのですが、残念ながら首輪とリードで隠れてしまいます。ので、どんぐりさんのブログから画像を1枚お借りします。

o0800095711066253412-s
「メインはそっち?」坂の途中で猫日記(2011-03-01)

K-r05017
フジコちゃん:あたしのおうちは、どこですかー!!!

K-r05019
フジコちゃん:……!!!

K-r05020
フジコちゃん:……なんですか?
さるねこ父:叫んだら気が済んだ?

K-r05021
フジコちゃん:まあ、それなりに。

FIVキャリアについては、以前にも一度「ワクチン」の話で書いたことがありますが、「キャリアであるからといってすぐに、余命がいくばくもない、ってことではありません」。

「キャリア」というのは、体内にそのウィルスがもう入っている、ということですが、そのウィルスが宿主(この場合はフジコちゃん)のからだに悪さをするまでには、ある程度時間がかかります。FIVが「猫免疫不全ウィルス」という本名を持つのでわかるように、体力が落ちたときなどにそのウィルスが活性化して「免疫力を低下させる」ことでさまざまな症状(慢性の口内炎・皮膚炎や下痢などに始まり、徐々に皮膚癌やリンパ球癌などへ進行します)を起こします。逆に言えば、体力を落とすようなこと(病気にかかるとか)や、ストレスをかけるようなことをしなければ、FIVウィルスの活性化まで至らず、運がよければ天寿を全うできることもそう稀ではありません。

もちろん、咬み傷などで唾液・血液・体液感染しますので、FIV陽性のねことFIV陰性のねこを一緒にして飼うことには、リスクが伴います。原則隔離になります(別々の部屋で過ごさせて、会わせないようにする)。既に先住ねこがいる場合などには、十分な注意とケアが必要になります。

一方、フジコちゃんを単独で飼う場合には、そこまでシビアに考える必要はなく、「適正飼養ガイドライン」に沿って適切に──適当に、ではありません──飼うことで、フジコちゃんも飼い主さんも幸せに最後まで暮らすことは十分可能です。

その点を十分にご理解してくださる方、フジコちゃんへのお問い合わせは長崎猫の会.さんのフォームからお送りください。


ぐりさん保護ねこのぼたんちゃん(クロ・6ヶ月)。フジコちゃんと同じく黒猫さんなので、写真には苦労します。

K-r05142

K-r05138

K-r05147

K-r05148
ぷいってされました。撮影拒否。

K-r04929

K-r04928
見学者の方に抱っこしてもらったところをパチリ。

K-r03397
(これは2011/1/30宝町公園譲渡会のときのぼたんちゃん)

K-r03579
(これも1/30のぼたんちゃん、ぐりさんに抱っこされてます)

K-r03584
(おなじく1/30のぼたんちゃん)

ぼたんちゃんへのお問い合わせは、『いつでも里親募集中』に登録されているぼたんちゃんのページの一番下から、メールアドレスをお送りいただければ、折り返し連絡先メールアドレスをお知らせいたします。


長崎市内中心部の居酒屋さんで世話をされていたねこたちが、居酒屋さんの閉店とともに居場所を失ったため、その子たちの里親探しを引き受けられた Iさんのところのモモちゃん(11ヶ月・パステル三毛)。ウィルス検査・検便・家猫修行済みです。

K-r04906

K-r04918
カメラを警戒していて、ちょっと表情がきついですね。

K-r05059

動画もちょこっと撮ってみました。


FreeVideoCoding.com

居酒屋さん閉店による里親さん探しをしているねこは、モモちゃんを含めて全部で5匹だそうです。I さんからデータをいただいたので、こちらに転載します。

居酒屋さんが昨年末に閉店し、母猫と4匹の子が行き場を失いました。今は閉店した居酒屋近くの廃材の下が寝床ですが、春にはその場所一帯の取り壊し工事が始まります。完全室内飼いで終生飼養をしてくださる里親さんを探しています。
  1. 銀子ママ(3歳くらい)……美人でおしとやかな小柄な成猫さん
    imamura-image005
  2. 太郎お兄ちゃん(2010年4月生まれ)……がっしりタイプで見た目より体重5kg
    imamura-image004
  3. 妹のチビちゃん(2010年4月生まれ)……兄弟の中で一番の小柄
    imamura-image009
  4. 妹のモモちゃん(2010年4月生まれ)……ウィルス検査・検便・家猫修行済み
    imamura-image010
    imamura-image002
    imamura-image003
  5. 姉のちーちゃん(2010年4月生まれ)……兄弟で一番気が強いメタボ
    imamura-image008

この4匹にこのお母さんだとすると、お父さん猫はキジかキジしろ柄でしょうね、たぶん。保護主の I さんには、さるねこ父から取り次ぎますので、ご連絡ください。

 

引き続き、長崎 Life of Animal さん保護いぬ・ねこの後編です

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

譲渡会報告(2/27宝町公園・猫の会+Life of Animal-後編)

猫の会ブースの前編に引き続き、Life of Animal ブースの後編です。

マクビーくん(5ヶ月・チャシロ)。去勢済み、性格ははっちゃけです。チャシロですからね。

K-r04975
なんか、情けなさそうな顔でそらさんに抱っこされてます。

K-r04978
あごをもたせかけて、これはなんだか満足げ。

K-r04965
なでられて、うれしい、うれしい。

キイチくん(6ヶ月・キジしろ)も去勢済み、性格はフレンドリーです。この譲渡会でトライアルが決まり、先日お届けが済んだそうです。がんばれ!

K-r05006
めっさ目力入ってます。

K-r04988
ちょっと緊張してイカ耳だ。

K-r04992
手足も大きいし、6ヶ月で3kgということで、巨猫になりそうな予感。

 

マロンくん(10歳・コーギーMIX?)。いつも笑っているような顔と、短い手足がトレードマークです。

K-r04844
珍しく真顔ですが、やっぱり手足は短い。

K-r05123
ちょっと緊張しているのは……

K-r05118
……ソフトバンクのお父さんが来たから。

K-r05128
「うへぇ~」って顔してる。

茶々丸くん(1歳)は、だいぶ大人顔になってきました。

K-r04867
なっちさんに抱っこ。

K-r05099

K-r05113
警戒中なのは……

K-r05116
……ソフトバンクのお父さんが来たから。

K-r05096
「ちょっと緊張しました。」

お問い合わせは、Life of Animal さんの連絡フォームからお送りください。


K-r04964
FreePetsのリーフレット+ステッカー/リーフレット+缶バッジ

K-r04832
猫の会ブースのフリマスペース(準備中)

K-r04834
Life of Animal ブースのフリマスペース

この日は、今にも雨が降り出しそうな天気だったので(結局ほとんど降らなかったけれど)、十分なセッティングをするのがためらわれたフリマスペースはやや縮小ぎみでした。


この日は、さるねこ父は会場を早めに後にして、そこから車で20分ほどのところにある「地域ねこ化を計画している地区」のサポートに入ってきました。ある程度の目途が立ったら、またブログ上で(もしくは長崎県地域猫活動連絡協議会のブログ上で)ご報告できるかと思います。

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

陸路と雨(桑迫賢太郎作品展@長崎県美術館)

長崎県美術館(長崎市出島町2-1)で3/1~3/6に開かれている「陸路と雨」(桑迫賢太郎作品展)に行ってきました。写真撮影可ということだったので、何枚かご紹介します。

桑迫賢太郎PROFILE

1979年鹿児島市生まれ 長崎大学環境科学部に在学中、NGO団体の活動を通じ、約5ヶ月間カンボジアに滞在。農村の暮らしや環境問題に興味を抱く。大学卒業後、長崎県大瀬戸町に移り住み、自然農などを実践しながら絵画を中心とした創作活動を行っている。

DSCF4214

DSCF4227
「PIGEON HALL」(部分)……イーゼルに架けられた紙芝居を軸として、桑迫さん本人による紙芝居の朗読、壁面に描かれた一場面、およびストーリーの一部である絵はがきを散りばめた床面からなります。イラストレーションと演劇のミクスチュアに近いかも。

DSCF4225
「次のカボチャを左折 Turn left at the next pumpkin」

DSCF4222
「陸路と雨 A way and rain」(部分)……イラストレーションと無機物とSE(効果音)を組み合わせたインスタレーション・アート(と決めつけてはよくないと思いますが)。

DSCF4224
「陸路と雨」構成

 

……こうやって並べてしまうと、なんとなく小難しい印象ですが、もっとずっと明るくてナチュラルな感じです。気取りやてらいがなくて、すっきりと心が洗われるような感じ、といってもいいかな? なんとなく「もやもやした気分」だったら、行ってみることをオススメします。こんな紹介記事もあるので、リンクをたどってご覧になってみてください。

桑迫賢太郎作品展「陸路と雨」
2011年3月1日(火)-6日(日) 10:00-20:00(最終日18:00まで)
入場無料
長崎県美術館1F 県民ギャラリーC

 

ということで、残すところあと2日間ですが、長崎市周辺在住で、週末にお時間があれば、水辺の森の方まで足を伸ばしてみて下さい。

DSCF4211

関連記事

画像アップロードテスト

ただいま画像を保存しているサーバの設定を変更中です。2010年11月ごろ~2011年3月の投稿記事内で、画像が表示されない場合がありますが、順次修正していきますので、しばらくお待ち下さい。(2011/03/07 17:10追記:修正作業が完了しました。)

IMGP5265

南島原のとんちゃん(♂)です。
関連記事

南島原市17匹ねこ・続報

先日記事にした南島原市の17匹のねこの続報です。高齢者の方が施設入所を控え、17匹のねこが行き場を失う前に、と介護支援をされている方がサポートに入ってその子たちの不妊化手術を引き受け、さらに里親探しをされています。

サポートに入っていらっしゃる方(matsuさん)がなかなか写真をうまく撮れない、ということで、とらきちさんと一緒に南島原まで行ってきました。途中、とらきちさんケータイによるカーナビで雲仙温泉まで登らされたのですが、確かに最短ルートではあったものの、折からの雨で山にかかったガスのせいで視界が20~30mになったときは、ちょっと焦りました(運転していたので、写真はありません)。

K-r05289
高齢者の方のお宅の周りに広がる畑の風景

K-r05292
近所には、カンナ柄の牛を飼っているお宅もありました

K-r04520
カ:ぼく?
父:牛さんもカンナも、シロクロでしょ?

サポートをされているmatsuさんから最初にこの話をうかがったときには「地域ねこ化は無理ですか?」と尋ねましたが、確かにこの風景をみると、それは無理だと納得しました。やっぱり現場は見てみるものです。


さて、写真のとおり、当日(6日)の長崎地方は雨だったため、内外飼いだというねこたちの何匹に会えるかは未知数でしたが──晴れていれば昼間でも屋敷の周囲で遊んでたりするでしょうが、雨だとどこか落ち着ける濡れない場所にこもってしまう──、残念ながらあまりたくさんのねこには会えませんでした。家の中にいたのは3~4匹、そのうち人慣れしているのは1匹だけで、あとは棚の上の方でこっそりこちらをみていたり、あるいはそそくさと逃げ出したり。

K-r05367
棚の上からこちらをうかがう鼻ちょびちゃん(こちらの記事内リストの7の子、「少し臆病ですが、近くでじっと観察しています」の通りです)

K-r05364
一目散に逃げていくキジしろちゃん(こちらの記事内リストのたぶん11の子、「臆病ですが美人猫さんです」の通りです)

そんななか、ちょっと猫風邪を引いてしまって左目が開きにくくなっていたとんちゃん こと とんぷく丸くん(こちらの記事内リストの1の子)は、超フレンドリーに出迎えてくれました。チャシロ・1歳です。しっぽは長くてしましま。

K-r05265
とんちゃん:こんちわです。

K-r05296
とんちゃん:ぼくちゃん、ちょっとぐあいがわるいのです。
さるねこ父:お医者さんに、行ってみようか?

K-r05297
とんちゃん:おことわりするです。

その代わりに、とらきちさんにナデナデされて……

K-r05299

K-r05300

K-r05302
(あ、口が……)

K-r05303
鼻ぺろ。ちょっとタイミングに失敗。

K-r05304
とんちゃん:最高です~。

……でも、結局心配なので、車で40分ほどの島原市内のmatsuさんかかりつけの動物病院に連れていくことにしました。で、ついでに(未去勢だったので)去勢手術も受けさせることに。

K-r05309
驚きのあまり、さっきまで開いていなかった左目も見開いてます。ごめんね。

診察していただいた結果、とんちゃんに先んじて入院していた茶壷丸くんや三毛ちゃんと同じく、ウィルス性鼻気管炎でした。

K-r05321
だっこしてくれているmatsuさんにぶーたれるとんちゃん。

K-r05324
そっぽ向いたりなんかして。でもって、意外とキリッとした男前の横顔だったりして。

でも、チャシロは基本的にあっけらかんとしているのです。

K-r05338
とんちゃん:だっこしてくれたからいいのです。

K-r05337

ちらっとmatsuさんを見上げる、お茶目なとんちゃんでした。

とんちゃんの入院と入れ違いで退院となったのが、同じ猫風邪を引いていたみけちゃん(こちらの記事内リストの5の子、1歳・三毛・避妊済み)。

K-r05345
ちょっとカメラに緊張気味ですが……

K-r05341
みけちゃん:あれはだれかしら?

さるねこ父の右で写真を撮っているとらきちさんにロックオンしました。さすが三毛猫。

K-r05342
目がマジです。

K-r05346

K-r05347

K-r05351

K-r05352
そのあとは、さるねこ父の一眼レフのシャッター音にもびびらずに、じっとこっちを見てくれていました。

K-r05361
落ち着いた三毛猫さんだね。

 

matsuさんの車内で島原~南島原の行き帰りにそれぞれとんちゃん、みけちゃんを抱っこした感じだと、とんちゃんはにぎやかに鳴いておしゃべりでした。みけちゃんはじっとおとなしくて、脱走防止の洗濯ネット越しにでしたがさるねこ父の腕にからだとあごをもたせかけてくつろいでいました。どちらももがいたり、逆にぶるぶる震えたりすることもなく、かなり人慣れしています。まだ今は内外飼いの記憶があるので外に出たがるかもしれませんが、半年~1年もすれば室内飼いであることに不満を感じなくなるんじゃないかなあと思います。

 

とんちゃん・みけちゃんたちに興味を持たれた方は、さるねこ父までご連絡くだされば matsuさんに取り次ぎます。成猫14匹の里親探しということで、長期戦は覚悟の上とのことですが、少しでも早く里親さんがみつかることを祈ります。また、この記事の転載やリンクについても歓迎です(いちおうご一報いただけると助かります)ので、どうかよろしくお願い申し上げます。

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

ながさき町ねこクラブ

昨年9月に長崎ペンギン水族館で開催された動物愛護フェスタでは、午後の講演会の講師として北九州市立自然史・歴史博物館学芸員の山根明弘さんという方をお招きしていました。この方は、福岡県新宮町にある相島という人口400人ほどの島で7年間・200匹のノラネコの生態学的調査をされた方で、そのときの調査手法を紹介する『わたしのノラネコ研究』という本を出されています。

noraneko-yamane
山根明弘『わたしのノラネコ研究』さえら書房(2007年・ISBN978-4-378-03899-5・1,300円+税)

このときの講演に触発され、自分も相島のノラネコ調査のように「ながさきの『まちねこ調査』をやってみたい」と思われた N さんが、昨年末に「ながさき町ねこクラブ」を立ち上げられ、一緒に「まちねこ調査」をする仲間を募られています。

 

machineko_character
ながさき町ねこクラブマスコットキャラクター

このかわいらしいマスコットキャラクターをデザインされたのは、耕文舎デザイナーの加嶋夏子さんです。


「まちねこ調査」は、一定の範囲(ひとつの町内とか、大きな公園とか)を決めて、定期的にそこを歩きながら、見かけたねこ一匹一匹について「個体識別カード」を作成し、そのねこの行動範囲や生活様式、また、その地域にどんなねこがどのくらいいるのか、などについて明らかにしようというものです。

machineko-slide1

machineko-slide2

machineko-slide3

 

N さんは、こうして身近な地域のまちねこたちの識別調査を行なうことで、ひとびとが自分のまちに暮らしているねこたちについてもっと関心を持つようになるのではないか、と考えています。それまでは視界に入っても気にも留めなかったねこたちを「自分のまちに一緒に暮らす『まちねこ』」というふうに意識するようになるのではないか。そして、そのことが、ながさきのねこについて考えるひとが増えることにつながるのではないか、と考えています。

長崎市における2009年度の一年間の猫の殺処分数は2,670匹に上ります。人口比に直すと全国ワーストクラスの常連であるこの現実を変えていくためには、長崎で「ねこについて考えるひと」を増やしていくことが必要。だからといって、いきなり愛護活動・保護活動は、一般のひとにはちょっと敷居が高い。だったら、まちを散歩する感覚で、カードと色鉛筆、あるいはカメラを持って、身近なまちねこを観察記録することから始めてみてはどうだろう? そう N さんは考えています。

 

同じ仲間を募るために、N さんは『町ねこ通信』というメールマガジンを創刊されました。創刊号は3/5に発行されています。目次だけご紹介しますと。

  1. ごあいさつ……「なぜ、ねこなのか」
  2. お知らせ……「ねこ会議って、知ってますか?」
  3. ねこ、あれこれ……「平安時代、ねこはセレブのペットだった?」ほか
  4. おわりに & おまけ

1~2ヶ月に1回の発行を予定されているそうです。もし「わたしも読んでみたい」と思われた方は、さるねこ父までお知らせ下さい(メルマガですので、メールアドレスをお知らせいただくことになりますが)。


そして、この「まちねこ調査」を一緒にやるための「長崎伝習所『塾』企画」への申請が先日認められたということで、「平成23年度長崎伝習所『塾』:長崎の町ねこ調査隊塾」として活動ができることになりました(3月9日現在は伝習所のホームページはまだ平成22年度の内容になっていますが、近いうちに更新されると思います)。

長崎伝習所の紹介

長崎には、「このまちをもっとよくしたい!」「大好きな長崎のために何かやりたい!」という熱い思いや、「こんなことをやったらいい!」というユニークな発想を持つ市民の方が大勢います。そのような市民の皆さんのエネルギーと自由な発想こそが、魅力的な長崎を創りあげる原動力となります。
長崎伝習所は、そのような熱意とアイディアを持つ人々や、それに共鳴する人々が集まり、協力して活動できる場となります。テーマごとに市民の皆さんが「塾」を設置し、塾生を募集して、塾長を中心に市民と行政が協働で「塾」事業を展開していきます。

長崎伝習所の目的
長崎伝習所は、市民と行政が有機的に連携することにより、人材の育成・ネットワークづくりと政策を生み出す活動を行い、地域の活性化と発展に寄与することを目的としています。
名称の由来は、幕末期に長崎に設置された「海軍伝習所」や「医学伝習所」などからきているもので、その輝かしい歴史に学ぼうという意味が込められています。

「塾」とはこんな場所
「塾」といっても、誰かに教えてもらうところではありません。市民の皆さんから長崎のまちづくりにつながる企画や塾長を公募し、運営委員による審査会を経て、「塾」を設置。その趣旨に共感、共鳴する市民の皆さんが集まり、調査研究やイベント、実践活動など様々な活動を展開しながら、魅力的なまちづくりを進めていこうというものです。

「長崎伝習所の紹介」より

さるねこ父も「長崎の町ねこ調査隊塾」のサポートに入る予定です。この塾企画に関心をお持ちの方は、長崎伝習所事務局(長崎市馬町21-1 長崎市市民活動センター「ランタナ」内/095-829-1125/ )までお問い合わせ下さい。

K-r05440
長崎市内のまちねこ

関連記事

ただいまテンプレート変更作業中です

しばらくデザインがあっちこっち変わるかもしれませんが、ご了承下さい。

 

K-r04733

関連記事

リニューアルしました

08_greenfield

使用テンプレート
08_greenfield
 
主なプラグイン
ランダム画像表示
いくつになったの?
RSS_cuba2
最近のコメント(コンパクト)
カテゴリー+月別アーカイブ
Twitter...A
 
主な外部サービス・スクリプト
画RSS
Lightbox v2.04
mrlite
コメントにカスタマイズ絵文字入力機能

どれもそれなりに改変しています。

 

ちなみに旧デザインは……

cat-mocha

使用テンプレート
cat-mocha
 
主なプラグイン
ランダム画像表示
いくつになったの?
RSSパーツLite
最近のコメント(コンパクト)
カテゴリー+月別アーカイブ
 
主な外部サービス・スクリプト
画RSS
Yahoo! pipes
Lightbox v2.04
mrlite
コメントにカスタマイズ絵文字入力機能

このブログを最初に立てたとき(2009年9月)から使っていたので──そのころはオリジナルの茶色の配色でした──もうずいぶんになりますね。特にテンプレートをあちこちいじってぐちゃぐちゃになっていたのと、別館ブログ・オフィスさるねこブログのRSSをきちんと取ってこられなかったのとで、思い切ってリニューアルしました。

 

昔の記事には、文字の大きさや配置がヘンなのもある気がしますが、気づいたときにでも直すことにします。

関連記事
いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ