「長崎の町ねこ調査隊塾」第1回~第3回定例会報告

しばらく忙しくしていたので、まとめての報告になります。以前ご紹介した、ながさき町ねこクラブのまちねこさんが主宰の「長崎の町ねこ調査隊塾」が立ち上がりました。平成23年度長崎伝習所塾企画として、5月13日に第1回の定例会を開催したあと、5月28日に第2回、6月4日に第3回の定例会が開かれ、活動が徐々に軌道に乗ってきました。

ながさき町ねこクラブ=長崎の町ねこ調査隊塾のブログも5月13日の第1回定例会にあわせて開設しました。どうぞご覧になって下さい。(管理人はわたしがやっているので、内容は若干だぶるかと思いますが。)

 

第1回定例会(2011/5/13)

日時:2011年5月13日(金) 19:30~20:30
場所:長崎県勤労福祉会館3階小会議室C
出席者:19名

 

平成23年度長崎伝習所 塾 開所式に引き続いて開催されました。

 

IMG_0420
開所式のようす

 

はじめに、塾長より塾の目的と内容について、また「町ねこ調査」とはどういうものなのか、スライド資料(当日はプロジェクタが使用できなかったため印刷したものを配布)をもとに説明がありました。

続いて、出席者の簡単な自己紹介があり、それぞれの入塾動機やねことの関わりについて述べられたあと、事務局構成の紹介も行われました。

最後に、今後のスケジュールについて、おおまかな年間スケジュールと、向こう1ヶ月ほどの定例会・講演会情報について周知がなされ、閉会となりました。


第2回定例会(2011/5/28)

日時:2011年5月28日(土) 18:30~20:45
場所:アマランス(長崎市男女共同参画推進センター)会議室1
出席者:4名(オブザーバ1名含む)

 

折からの台風接近に伴う悪天候のため、ごく少人数での開催となりました。

前回定例会の報告ののち、6月12日山根氏講演会内容と準備の確認、町ねこ調査を行なう際の事前準備(地元自治会等への連絡を含む)、次回定例会の際に行なう「町ねこカルテの使い方」スライド資料の用意、などについて話し合いを行ない、閉会としました。


第3回定例会(2011/6/4)

日時:2011年6月4日(土) 18:00~20:30
場所:アマランス(長崎市男女共同参画推進センター)会議室1
出席者:13名(オブザーバ1名=安西所長含む)

 

9月18日(日)の北九州市への町ねこ調査見学ツアーについて周知がなされたあと、スライド資料を使って「町ねこカルテの使い方」について副塾長より説明がされました。

 

2011-0604_machineko-carte
PowerPoint スライドショーファイル

 

その後、各自10枚程度の町ねこカルテと色鉛筆、デジカメ・ケータイカメラなどを手にして、アマランスからほど近い寺町周辺の町ねこ調査を行ないました。

 

K-r08370

 

K-r08375

 

K-r08385


ひとなつこいねこが多いこの地区では、近所のひと同士でお金を出し合って不妊化手術も行なわれています。一方で、すぐ近くにはこのような貼り紙や看板も。

 

K-r08395

 

K-r08398

 

住宅密集地におけるねこ好きとねこ嫌いの対立は、ひそかに根深いものがあります。「餌をやるから増えるんだ」vs「増えるのは、猫を捨てに来る悪い人間がいるからだ」。ここのねこ好きの方は、増えないように不妊化手術を施し、糞尿の被害が出ないように近所を掃除して回って、それでもなかなかねこ嫌いの方の理解は得られない。

「どういうねこがいるのか(飼いねこか、ノラねこか)」「どうして増えるのか(ねこはどこから・どうしてやってくるのか)」「どうすれば減るのか」。実は、都市に住むねこのそうした生態は、きちんとしたデータの裏づけの上で議論がなされているとは言いがたい状況にあります。まずは地域のねこについてよく把握することが必要。町ねこ調査の大きな目的の一つは、その部分にあります。地域のねこを把握するための「カルテ」をつくること。生産的な議論は、そこから始まるはずです。

 

K-r08399
首輪を付けているこのキジシロは、飼いねこでしょうね。駐車場の車の下にいました。

 

K-r08420
軒先に出てきた白ねこですが、毛並みはふさふさです。たぶん内外飼い。

 

K-r08430
金色の鈴に紺(黒?)の首輪のグレーキジ。

 

飼い主のいない、文字通りのノラねこは、この地区ではあまりみかけませんでした。内外飼いの多いのは長崎の特徴のひとつですが、車通りは少ないとはいえ、時々すごいスピードで飛ばしていく車もないわけではないので、街歩きをしながら冷や冷やしました。

1時間ほどの町ねこ探しののち、再び会議室に戻って、6月12日の山根氏講演会の役割分担・懇親会出席の確認、次回定例会の周知が行なわれて、閉会となりました。

関連記事

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

長崎・佐世保・諫早・大村の譲渡会等情報-038

下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
長崎はっぴーあにまるさん
長崎わんにゃん会さん
Animal Rescue 佐世保さん
関連リンク:
長崎市動物管理センター[収容犬情報]
長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
させぼ地域ねこの会
長崎県地域猫活動連絡協議会
    関連記事

    テーマ : 里親探し
    ジャンル : ペット

    第51回ねこ会議(2011/05/14)議事報告

    出席:長崎南部B地区(D町)2名、時津町A地区(M郷)1名、長崎猫の会3名、ながさき町ねこクラブ、チームねこばか2名、オフィスさるねこ1名、オブザーバの方1名


    1. 遺棄・虐待防止パトロールの実施と反省点
      • 5/3 唐八景公園においてボランティア15名、行政担当者3名、KTN取材スタッフ3名の21名で行なわれ、同日夕方~深夜のKTNニュースで報道された
      • 使用したゼッケンは、保管の上、後日使用。費用分担は協議会のボランティアスタッフ11名で負担
      • 今後は、市議会議員や教育関係者などにも参加を呼びかけて、動物遺棄の実態についてもっとよく知ってもらう必要があるのではないか
    2. 遺棄・虐待の防止活動について
      • 「飼えないからって、捨てないで」ちらし&ポスターは4/22に長崎市内全自治会・連合自治会宛てに発送を行なった
      • 地区内の小学校に働きかけを行なって、小学生向けの「遺棄防止のための教育プログラム」を実施できないか……佐世保市内で先行事例があるようなので、調べた上で情報を共有する
    3. 長崎県地域猫活動連絡協議会のマスコット・キャラクターについて
      • 協議会構成員全員の了解を取った上で、協議会予算よりデザイン料を支払う
      • 概ね5月末をめどに、ながさき町ねこクラブを窓口として、デザインを依頼、6/18の長崎市の地域猫モデル事業の説明資料に間に合わせる
    4. 長崎南部A町の不妊化手術助成案件について
      • 長崎北部A地区からの紹介
      • 頭数は10頭弱、これまでに不妊化は行なっていない
      • 協議会助成の最初のケースとすることができるかも含め、5/21に現地調査予定
      • 協議会助成の諸条件(依頼者負担額、助成上限、医療機関の指定、耳カットの要請、地域ねこ化とその支援方法など)について、このケースを念頭に整備を行なう
    5. 時津町A地区(M郷)内の高齢者多頭飼い案件について
      • 時津町A地区の個人TNR者より相談
      • 頭数は約20頭、一部不妊化済みだが完全ではなく、このまま放置すると危険な状態にある
      • 本人が不妊化費用を負担することがほぼ不可能な状況であり、行政や町議会議員、ボランティア団体などが連携して、なんらかの枠組みを使って不妊化を進めることができないか検討する
    6. その他
      • ながさき町ねこクラブより、長崎伝習所塾企画「長崎の町ねこ調査隊塾」の発足・「ながさき町ねこクラブ」ブログの設置、6/12講演会について報告
      • 協議会に対して療法食の寄附があり、平和公園地域猫の会に手渡して地域猫のためのウェットフード(の一部)として与えることを決定

     

    (文責・オフィスさるねこ

    関連記事

    テーマ : 地域猫
    ジャンル : ペット

    長崎・佐世保・諫早・大村の譲渡会等情報-038改

    6/12長崎猫の会.さんの佐世保譲渡会、7/1長崎県央動物会議さんの県央動物会議情報を追加しました。

    6/9 0:25追記:6/18の長崎猫倶楽部さん「6月のねこ会」は中止になりました。


    下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
    長崎はっぴーあにまるさん
    長崎わんにゃん会さん
    Animal Rescue 佐世保さん
    関連リンク:
    長崎市動物管理センター[収容犬情報]
    長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
    させぼ地域ねこの会
    長崎県地域猫活動連絡協議会
      関連記事

      テーマ : 里親探し
      ジャンル : ペット

      協議会マスコット・キャラクターが生まれました

      ながさき町ねこクラブのまちねこさんにデザイナーさんを紹介していただいて、長崎県地域猫活動連絡協議会のマスコット・キャラクターが生まれました。

      mimika

      6/11のねこ会議で、名前は「みみか」と決まりました。「耳カット」の「みみか」です。三毛猫ですので、女の子です。

      これから協議会で活動していく際に、いろいろ登場すると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

      ちなみに、みみかの姉貴分にあたるながさき町ねこクラブマスコット・キャラクターの小町ちゃんは、シロクロさんです。

      image002

      みみか共々、小町ちゃんもよろしくお願いいたします。

      関連記事

      テーマ : 地域猫
      ジャンル : ペット

      ねこの肉球フォント

      オフィスさるねこで、いろんな書類をつくっているうちに、こんなの見つけました。

      NikuQ-font

      素材ダウンロードは、あくび印さんから 字形 | AK-NikuQ-Nyako になります。Win版・Mac版あり、いぬの肉球フォントもありです。

      関連記事

      第52回ねこ会議(2011/06/11)議事報告

      出席:長崎猫の会2名、ながさき町ねこクラブ1名、チームねこばか2名、オフィスさるねこ1名、相談者の方3名(長崎北部O町1名、長崎北部T町2名)


      1. 相談1:長崎北部O町
        • O町内の公園で餌やりをしているねこについて、この先どうすればよいか(譲渡先を見つけたりできないか)
      2. 相談2:長崎北部T町
        • 長崎市内でペットシッターを行なっている業者などはないか
      3. 6/18長崎市地域猫モデル事業説明会資料の検討
        • 協議会構成に関する資料についての内容検討と修正
        • 「地域猫活動」の説明に関する内容検討と修正
        • モデル事業に対する「ボランティア団体の関わり方」について、「申請にあたっての必須条件」としていた昨年度のやり方を改めて、「申請予定地区からの求めがあればそれに対応する」というかたちに手順を変更するようセンターに申し入れることを決定
        • 申請後の「現地確認」について、確認基準を明確にして公正さを確保することを確認、この点についてもセンターに申し入れることを決定
      4. 協議会マスコット・キャラクターの決定について
      5. 長崎南部A町における不妊化事案について
        • 「地域ねこ化」が難しい現地事情を考慮して、協議会助成は今回は選択せず、猫の会助成にて対応することを決定
      6. 時津M郷における高齢者多頭飼い案件について
        • 猫の会助成を使って、メス2頭を不妊化(1匹は術後死亡、病院でも死因は確定できず)、残りのメス3匹は6月中旬手術予定
        • 助成にあたって、術後の予見できない事故についてどのように対応するかについて、事前に依頼者に対する十分な説明を行ない同意を得ることを確認
        • 現在9匹いる子ねこの不妊化については、後日対応
      7. 長崎中央K町におけるレスキュー依頼について
        • レスキュー箇所において、餌やりは行なっているが、捕獲については困難な点があるため継続中
        • レスキュー箇所の所有者とコンタクトを取り、依頼者をまじえて今後の保護方策について話し合う方針を確認
      8. ながさき町ねこクラブに入った、大浦地区での猫虐待情報について
        • 動物管理センターに連絡を取り対処
      9. その他報告事項
        • 長崎南部D町において、近隣の小中学校に対し動物愛護教育を行なってほしい旨申し入れを行なった
        • 長崎の町ねこ調査隊塾主催の6/12山根明弘氏講演会について

      (文責:オフィスさるねこ

      関連記事

      テーマ : 地域猫
      ジャンル : ペット

      6/12山根明弘氏講演会「町ねこ調査を始めよう!」報告

      バケツをひっくり返したような大雨で、警報や避難準備情報が県内・市内に発令される最悪の天気のなか、調査隊塾主催講演会「町ねこ調査を始めよう!」が開催されました。

      JR九州が大雨による速度規制をかけた上に、長崎駅周辺の線路が冠水するなどして、小倉からいらっしゃる講師の山根先生の到着は1時間以上遅れました。

      DSCF4254

      講演会の開始も10分繰り下げ、事前の打ち合わせもそこそこに講演会は幕を開けましたが、それほどの悪天候にもかかわらず、熱心な参加者が40名近く集まってくださって、密度の濃い講演会となりました。

      DSCF4256

      講演の前半は、講師の山根先生が行なった福岡県相島のノラねこの生態研究について、後半は北九州市で行なわれている外ねこの生態調査について、お話がありました。昨年9月に開かれた長崎市動物愛護フェスティバル(於・長崎市ペンギン水族館)での講演から、さらに「調査の方法とその成果利用」に重点を置いて話された内容は、集まった参加者の方々の強い関心を惹いたようです。講演後に集められた「質問用紙」は半数の20枚近くに上り、「ねこの生態について」「町ねこ調査の実際について」「町ねこ調査の利用について」の3つの分野について、さらに詳しく山根先生からの解答をいただくことができて、有意義な講演会となりました。


      以下、講演会後に回収されたアンケート結果です。

      1) この講演会の開催をどのようにして知りましたか?(複数回答あり)
      • 主催者から聞いた:12
      • 調査隊塾で知った:2
      • 知り合いから聞いた:4
      • ちらしを見た:3……どちらでちらしをもらわれましたか?(娘、諫早で町ねこ調査隊の関係者から)
      • 新聞・テレビ・ラジオで知った:2……具体的に(西日本新聞)
      • その他:0
      2) 山根明弘氏の講演と町ねこ調査について(興味深かった点、面白かった点、町ねこ調査をやってみたい地域、調査法への質問 など)
      • 私の住居近隣には、えさを与える家の周辺に、ノラネコたちが結構固まって生息しています。どのような分布なのか、調べてみたい気がしました。
      • 猫の習性を知ることで、様々なデータが取れる。この広がりはおもしろかった。
      • 町ねこの生態
      • 地域によって状況に特徴があること
      • ネコの生態は興味深い事でした。
      • エサの量で繁殖に差が出る
      • ねこ調査をして3カ月ほどで個体の数がわかってくるというのが早くてびっくりでした。早くやってみたくなりました。本格的に…。
      • ノラネコの調査について
      • ホームレンジを持っていることがおもしろい。
      • 7年間200匹について調査したというお話は、猫のために有意義であったと思います。単なる愛玩動物として飼ってきましたが、生態について研究すると面白いのではないかと思いました。
      • ねこのグループ別にエリアがあるという事が興味深かった。
      • 交尾が複数だということは知らなかったので、ノラネコの子どもが全然親と違う事が不思議でした。
      • それぞれの話が興味深かったのですが、最後に話された、どのようにしたら不幸にして亡くなっていく子猫たちを救うことができるのか、という点で、私自身いつも思っていることなので、あらためて考えさせられた。
      • 相島のような所の猫は幸せだなあと思いました。
      • 不思議だったのは、周りに迷惑をかけたくない住宅街の人たちが猫を外に出すことを良しとしているところで、私の住んでいる所ではとても考えられないことです。(糞尿被害)
      • 町ねこへの餌やりと不幸な子ネコの事
      • 常々、町ねこの存在が気がかりだった。地域の人に認めてもらえる猫はまだ良いが、猫の存在を最初から認めぬ人もいます。町ねこのことで、これだけ真剣に研究している人に感謝します。
      • 目をそむけたくなる事実、決して楽ではない調査、行政が動くまで、どうしても時間がかかってしまう、などのマイナス面を含めた内容に真実味があった。殺処分を減らすことにつながるという事が伝わった。
      • 粘り強くやっていくことが大事だと思った。
      • ある程度結果、集計が出てくると面白い。
      • 続けていくことの大切さが伝わってきました。時間はかかってもやっていきたい。
      • 行政が調査による基礎データをどう活かしていくか、そこが重要だと感じた。
      • ねこの区分法はなるほどと思いました。調査をすることで、その結果(ねこ実態)によって行政に対処法を考えてもらうということは、よい方法だなと思いました。
      3) あなたとねことの関わりについて教えて下さい(今飼っているねこのこと、まちで見かけるねこのこと、ねことの思い出 など)
      • 日中仕事で家にいませんが、朝夕、ネコを見ると、一日うれしい気分になります。佐世保市でツシマヤマネコが見学できるようになったので、行きたいです。
      • まちづくりで地域に出た時に、猫の臭いが気になる所があり、問題視したことはあったが、手を付けることができなかった。
      • 娘が飼っていたねこが、車の下に入り込んでいたのに気付かず、引いてしまった。二度とねこは飼わないと思った。
      • ノラちゃんの仔をもらい11年、家族にだけしか慣れません。
      • 今、4匹のねこを飼い、癒され、満足しています。
      • ある日突然わが家にやってきたノラネコ。今やわが家のイエネコとしているが、外に出たがって、逃げ出そうとする。
      • 母(明治36年生まれ)の代から、長年猫を飼っている。一番多い時は、7匹いた。今は捨て猫を拾って3匹いる。(オス2、メス1)代々、皆利巧で頭の良いのに驚かされる。中でも黒猫(メス)が一番利巧だった。
      • 今までノラネコ6匹を、大きくなってから家ねこにして、ほとんど13年で亡くなり、今18年になるねこが1匹残っています。2年前から腎臓病で病院通いして薬で長生きさせていますが、人間のエゴなのでしょうか。
      • もともと動物も小鳥も好きではあったが、2匹の老猫を残して亡くなった叔母のために飼いだしたのが、犬派だった私の猫との関わりです。
      • 7才のメス猫を飼っています。これから病気のこととか心配です。家に来た時、6ヶ月くらいだったけど、歯がボロボロでした。何を食べていたのか。(ノラネコでした)
      • 外猫が毎日やってくる。フードを3匹に与えている。
      • 今飼っているコはすべて室内飼いですが、外のコたちが気がかり。特に病気、事故。
      • 近所の飲食店の閉店後、残飯を振る舞うので、猫が集まってくる。
      • 家には7匹の猫と暮らしています。外の不幸な猫ちゃんを減らしていきたいです。
      • 生まれた時からとなりにはねこがいました。正直なところ、外飼いをしており、たくさんの子を交通事故で失ってきました。今後どれだけ室内飼養について広めていくことができるか、頑張りたいと思います。
      • 講演の最後の方で、生まれた子ねこたちがどのようになっているかということでしたが、まずそのうちの1匹~2匹の強いねこがノラで生き残ったり、運が良ければ拾われて飼いねこになったりするものと思います。ほとんどが病気で死んだり、交通事故に遭ったりして、死んでいくようです。またノラで生き残ってもこれもまた1~2年の寿命で、次のねこへとバトンタッチされて行くのではないかと思います。その証拠に地域のねこ数が増えることなく、絶対数はほとんど変わらないのではないかと思います。
      4) その他、今日の講演会でお気づきの点・気になった点など
      • 住宅地の自宅周辺でも、外でネコを見かけますが、どこに住んでいるか(飼っているか)わかりません。飼っている家には犬、ネコ(写真付き)表示など、自治会の班回覧でもっと周知させる。――行政(市役所)でなくてもよい。小中学校までの子どもも、社会勉強として取り組ませるべき。
      • 集客しているので、終わりの時間は守った方がいいと思います。(コメントを入れるとか、時間ですが、少しだけ延長させてください、とか)始まりがいいねッ。
      • とてもすばらしいお話でした。
      • 猫が学問になるとは考えたこともありませんでした。目からウロコとはこのことです。猫好きにとって、楽しい時間でした。
      • ボランティアで活動されている方の報酬を考えて協力体制はできないのでしょうか?
      • 猫の生態など面白いし、興味深く感じました。講師の先生のお話もわかりやすく、参加できてよかったと思います。
      • 猫が徘徊する街は平和であると思います。地域の人たちの意識を変えるのはむずかしいが、この塾へ協力できる時は協力していきたいと思います。
      • 町ねこ調査が広まればよい。→地域ねこなど→明るい未来
      • 大変わかりやすかった。
      • 市街地でも住人の特徴で猫の棲み分けが違うのが面白かった。
      • 多くの方にこういう話を聞いてもらいたい。
      • 早めの宣伝をした方が良いかもです。
      • すばらしかったです。ありがとうございました。


      このアンケート結果をお読みになった山根先生からのコメントです。

      アンケートを読ませていただきました。
      みなさん、しっかりと聞いてくださっていたのがよくわかりました。
      今回は問題点の話(「生き残れなかった」子ねこたちはどうなるのか)をしようかどうか少し迷ったのですが、やはりその話をして正解だったことが、アンケートを読ませていただいてわかりました。結局は、いろいろな問題点をどう解決してゆこうかというところで、みなさん同じように悩まれて、横のつながりを強めてゆく要因にもなるのだと思いました。

      今回は、こちらのほうもいろいろと勉強になり、とても有難い講演会でした。

      懇親会の場にいることができなかったのは、つくづく残念なのですが、「町ねこ写真展」とは面白いですね。こうやっていろいろなイベントを企画して、マスコミも一緒になって盛り上げて行けば、少しずつですが、みんなの意識が変わって来るものと思います。

      では、また今後とも宜しくお願いいたします。
      ありがとうございました。

       

      調査隊塾では、講演会後も、さまざまなかたちで「ながさきのねこの実情」について情報発信を考えています。9月には「町ねこ写真展」を開催する方向で、現在詰めの作業を行なっております。近々ブログ上でもお知らせできると思いますので、興味を持たれた方のご来場をお待ちしております。

      関連記事

      テーマ : 猫と暮らす
      ジャンル : ペット

      長崎市地域猫活動モデル事業説明会報告(6/18)

      長崎市が昨年度からはじめた「地域猫活動モデル事業」の今年度分の説明会に、説明側のスタッフとして参加してきました。

       

      写真
      説明会前の会場準備風景

       

      この事業の実施要綱は平成22年4月6日長崎市告示第234号として定められ(長崎市のホームページには告示データベースがないようです)、事前評価シートはこちらで閲覧可能です。基本的には「地域住民間での話し合いの取れた〈地域猫活動〉に対して、その不妊化手術にかかる費用を市が一部負担する」というものですね。その助成規模は、当初事業計画では2地区で上限30頭でした。1人の餌やりさんですら30頭抱えていることだって普通にあり得る長崎の現状としては、まことに微々たる「雀の涙」ほどの金額です。

       

      この点をめぐって、昨年度の説明会では口論に近いやりとりがあったという話は聞いていました。参加した地区のねこ好きさんから「そんなちっぽけな金額で何になる? 本気で長崎のノラねこを減らす努力をするというのなら、何千万円かかけてでも地区丸ごと一気に不妊化しなければ意味がないのではないか!」という指摘があり、それに対して行政側では「ねこ好きのためだけにそんな予算はとうてい確保できない、そんなに言うなら自分たちでやればよいだろう」と応じてしまったため、かなり感情的なもつれを作ってしまった。そのもつれは延々積み重なり、昨年度の助成対象にもなったその方とセンターとの関係は、説明会前の段階で険悪なものでした。

      また、昨年度は「なぜたった2地区なのか?」「そんなに狭き門なら、うちはとうてい無理だ」という嘆息の声が参加された地区の方から上がった、というふうにも聞いていました。「モデル事業」という性格上、対象が限定的になるのはいたしかたなく、それを「本格的な事業」へとつなげていくためには、しっかりとした「成功事例」と、モデル事業予算を大きく上回る「申請数」の2つを揃えていく必要があります。

       

      今回さるねこ父は、事業の概要説明と地域猫活動というものの説明の2つを事業協力ボランティアである「長崎県地域猫活動連絡協議会」のメンバーとして引き受けましたので、主にその点がクリアになるように説明資料を組み立てました。PowerPointスライドとExcel表、それに協議会構成資料ちらしの3点になります。

       

      資料1のポイントは以下のようになります。

      1. モデル地区の認定には「住民間の合意形成」と「認定地域猫に対する適正な終生飼育」が最低条件となること
      2. 単なる「不妊化助成事業」ではなく、「地域猫活動支援事業」であること
      3. モデル事業である以上規模が小さいのは宿命であって、もっと規模の大きい事業計画へつなげるために成功事例を積み重ねていく必要があること
      4. 「地域猫活動」は、地区内の「ねこをめぐる対立」を、地区住民同士の話し合いで解消していく「住民運動」であり、ねばり強い対話と相互理解が不可欠であること

      そして、住民間の対話と相互理解のためのヒントとして、次のようなたとえをしてみました。

      1. もし自分が子ねこを拾ってしまったこどもだったとして、その子ねこを家で飼ってもらうためには、お父さんやお母さんにいろんな「約束」をするだろう……地域猫は「地域の飼いねこ」にすることだから、それを進めようとする側(主にねこ好きさん・餌やりさん)もやはりいろんな「約束」をしなければならないはずだ
      2. 「おれの金でたばこを吸って何が悪い、おれの勝手だろう」という愛煙家と「たばこなんてものはこの世からなくなってしまえばいいのに」という嫌煙家、双方の意見はそれだけではかみ合わず、長い対話の末に「分煙」などの喫煙ルールができてきた……「わたしの自腹で餌やりをして何が悪いの?」というねこ好きと「ねこは害獣だから即刻捕まえて殺してしまえ」というねこ嫌いの関係は、愛煙家-禁煙家の争いによく似ている、やはり対話の末の「ルール」をつくることが必要なはずだ=資料2の分類で示す「適正飼い主」「地域猫活動」「良い餌やりさん」を増やすことが必要
      3. 地域猫活動がかりに100%成功すれば、いずれ地区のねこは0になる=駆除が完了する、という理屈で「ねこ嫌い」を巻き込むことができるのではないか
      4. 自腹で餌やりや個人TNRをするほどのねこ好きも、ねこを見たら石を投げたり捕まえて駆除しようとするようなねこ嫌いも、「普通の人」から見れば両極端の「変人」である……ねこ好きはねこ嫌いを「ひとでなし」と、ねこ嫌いはねこ好きを「頭がおかしい」と見下している。その両者だけでは決して生産的な話し合いはできないから、「普通の人」を取り込むかたちでその地区の地域猫活動を進めていくべきではないか

      ……まだ決してうまい説明ではないですが、「地区の総意としての外ねこの管理」という「行政が支援できるかたちでの」地域猫活動は、だいたいこういった理解の上に成り立っていると、さるねこ父は考えます。このモデル事業における「地域猫活動」の趣旨が「公衆衛生の向上及び地域におけるコミュニケーションの円滑化」のために行なう「地域で問題になっている野良猫問題の対策」である(上記「実施要綱」第1条)以上、そのあたりが落としどころになります。


      はっきり述べてしまえば、これはかなり行政側に都合がよい(≒変なクレームが付けられにくい)「地域猫活動」になります。別の言い方をすると、地区の住民がこのレベルまで持っていくのは「相当大変」です。昨年度も今年度も上がった「嘆息」は、門戸の狭さもさることながら、求められるレベルの高すぎることへのため息も混じっていると思います。

      そのことは、昨年度実際に申請されて認定を受けたモデル地区・地域猫が3地区17頭にとどまったことからも明らかです。「30頭なんて少なすぎる!」というのなら、10地区、20地区から合計300頭、500頭といった申請があってもおかしくなかったはずですが、現実はそうならなかった。昨年度は申請の前段階で「ボランティアに連絡を取って協力を仰ぐ」としていた部分が嫌われた側面もあったかもしれませんが、それ以上にやはり求められたレベルが高かった。

       

      ここで困ったことが生じます。「モデル事業」で「成功事例」を積み重ね、また予想を上回る「多くの申請」があってこそ、「もっと枠を拡大させた本事業」の請求根拠になるはずだった。ところが逆に「申請数はごく少なかったため、モデル事業規模で十分──最悪それ以下の小さな規模に縮小あるいは廃止」となるルートをたどりかねない。先行事例で壁を切り拓いて、あとから多くの地区がそれに続く、という絵が描けない、ということになってしまう可能性が出てきました。

      個人的には、今年度まともな数の申請が出なければ、次はなくなるのではないか、と懸念しています。この場合、別の角度から「地域猫活動事業」が今後起こる可能性もほぼゼロに近づくことになります。「使いにくい助成なんだからあたりまえ」といえばそれまでですが、たとえ雀の涙でも「なくなった」という事実が与える悪影響は計り知れない。

       

      では多少レベルを下げてでも(≒住民間の合意形成が不十分でも)目をつぶって認定してしまえばよいか、というとそうもいかない現実があります。「市が認定」すると、それは一種のお墨付きになります。十分な納得をしていない「ねこ嫌い」のひとたちはそれに対して不快感を感じる。結果として、地区の住民感情が逆に大きくこじれてしまう(当初の目的とは逆に)。「地域猫活動を始めたら、住民間の仲が悪くなった」というのでは、「手術は成功したが、患者は死んだ」的な、たちの悪い冗談にすらなりません。


      やっぱり「地道でねばり強い対話による相互理解が必要」なのですが、極めて残念なことに、主催者である行政側がその趣旨を否定するような行為を今回の説明会では取ってしまいました。上に述べた、昨年度からこじれていた地域の方が今年度も参加され、従来の主張(もっと大規模にTNRを進めないと意味がない)を繰り返しつつ行政批判を行なったところ、問答無用で退室を命じる、という事態になってしまった。

       

      批判のしかたが決してフェアではなかったことは確かですし、説明会の進行をあまりにも妨げる場合それを修正する権限は主催者にありますが、「退室を命じる」=「対話を否定する」ことは、「ねこ好きもねこ嫌いもみんな、ちゃんと話し合いましょうよ」という趣旨で行なわれるべき地域猫活動の説明会においては、不適切としか言いようがない。「意見を聞く時間は、あとでこれこれ設けるので、今はそうではない一般的な質問に時間を割くことにする」とでも宣言することが必要だったと、さるねこ父は考えます。

       

      結果として、説明会で伝えるべきメッセージの柱に据えようとした「よく話し合って合意を形成しましょう」というのが、極めて空虚なものになってしまいました。「どの口でそう言うの?」と批判されてもしかたのない、明らかな「失敗」です。


      それでは、行政は今回の不手際を反省して、「本気で長崎のノラねこを減らす努力をするというのなら、何千万円かかけてでも地区丸ごと一気に不妊化しなければ意味がない」という批判を受け入れ、何千万円は無理としても、何百万円だかの予算枠を設け、不妊化助成事業を行なうべきなのでしょうか?

       

      地域猫活動モデル事業の方は年間44万円ないし45万円といった規模です。「少ない!」という気持ちはわかりますが、じゃあ全国的に見てお話にならないレベルの少なさなのか、というと、それはちょっと違うだろうとさるねこ父は考えます。

       

      ぜんこく 犬猫助成金 リスト」というものがあります。何名かのボランティアの方々が、全国の自治体や獣医師会に直接確認を取って(!)、毎年更新されている助成金データベースです。これを見る限り、そもそも「地域猫活動」に助成金を出す自治体・獣医師会自体、きわめて少ないことがわかります。上限枠が備考欄に書かれているものも書かれていないものもありますが、たとえば九州内で行政主体のものだと、こんな感じです。

      • 福岡市……地域猫活動地域の指定を受けた地区内の地域猫について全額助成(上限不明、要問い合わせ)
      • 福岡県春日市……上限100万円・120頭(1頭あたりの助成額はオス5,000円・メス10,000円)
      • 佐賀市……21年度139匹、22年度149匹(1頭あたりの助成額は、自治会地域猫かグループ地域猫か、助成を受けて何年目かによって、全額から半額の間で補助)
      • 熊本市……熊本市動物愛護推進協議会の認定地区地域猫について、最大130頭(1頭あたりの助成額は5,000円)
      • 鹿児島市……保健所の認定を受けた地域猫活動地区の地域猫について、1頭あたりオス5,000円・メス10,000円(上限額不明)

      これには長崎市の分は、「地域猫活動支援事業として地域猫に対し8,000円(上限額記載なし)」となっていて、今回のモデル事業の助成方法とは食い違いが出ています……認定地区の地域猫に対して自己負担2,000円分以外を助成(上限30頭)ですね。このほか、佐世保市では平成20~22年度にモデル事業を行なっていて、そこではトータル10箇所のモデル地区が設定され、オス8,000円・メス18,000円の補助があったと聞いていますが、今年度以降本格事業に入ったのかどうかは確認できていません。いずれにせよ、確かに福岡市や佐賀市に比べれば規模や助成枠の点で見劣りはしますが、「お話にならない」というのは少し言いすぎのような気がします。

       

      長崎の猫の多さを考えれば(福岡市並みと考えてよいと思います)、たとえば「認定を受ければ、半額助成(≒オス7,000円・メス12,000円)、上限300頭・300万円」あたりを「本事業」で狙う、というのは現実的な戦略と言えるのかもしれない。そのために必要な「実績」を積み重ねていくことが、わたし=さるねこ父は合理的なやり方だろうと思います。

      また「認定」のしかたにも問題はあると思います。地元の合意形成は確かに必要だけれども、必要以上にめんどくさくなっているようにも見える。佐賀市のようなやり方(自治会単位もしくは「3人以上のグループ」、いずれも自治会の了解が必要)あたりが、現実的に見えます。この佐賀市のやり方が、どのようにうまく行っているのかいないのか、見に行ってみたいなあ、と感じます。


      地域猫活動は、地域ごとにさまざまなやり方があるのは明らかです。猫に対する住民の意識、猫と人間の関係性の濃淡に、地域差がある以上当然ですが、「東京のやり方を、そのまま長崎に持ち込んでもだめだ」とだけ言っていてもしかたがない、と、さるねこ父は考えます。「ねこ好き」にしても「ねこ嫌い」にしても、猫と人間の関係性が驚くほど濃いのが長崎だ、と以前書いたことがありますが、そんな場所で「ねこ好き」だけでルールを作ろうとしても、破綻するのは目に見えています。それは「愛煙家が作った喫煙ルール」みたいなものだから、ユルユルで、「ねこ嫌い」からみたらおよそお話にならない。

       

      「行政側(動物管理センター)は、本当に動物愛護をやっていくつもりがあるのか!」という批判は、ある程度はあたっていますが、一面的に過ぎる部分もあります。「動物」に関する苦情・クレームは、現在の長崎市においてはすべて動物管理センターが対応にあたります。その件数は、NPO法人地球生物会議(ALIVE)さんの報告書によれば、平成21年度の一年間で延べ750件。単純計算で1日2件を、6名の職員で分担することになります。長崎県(県保健所)は28人で567件。東京都は63人で20,679件だけれど、職員の他に286人の動物愛護推進員がいます。長崎市も長崎県も推進員は0。クレーム内容は、犬も猫もありますが、「糞尿や鳴き声、ニオイで迷惑している」というのが大半であることは想像に難くありません。それらにひとつひとつ対応していく過程で、「やはり、いぬ嫌い・ねこ嫌いに対して一定の理解も求めつつ、いぬ好き・ねこ好きにも少し自重を求めて、トラブルを起こりにくくする」という考え方を身につけるのは、当然だと思いますし、それが行政に求められる公平・バランスということだと思います。「愛護ボラ」ならいくら偏っても自由ですが、行政が偏るのは問題です。

       

      行政に頼るのではなく、また極端な愛護ボランティアに頼るのでもなく、ねこ好きという「変人」・ねこ嫌いという「変人」両方の間を取り持ちつつ、着地点を探せるような人物を、長崎にはもっと増やしていく必要があるように思います。自治会長さんがそれにあたるのかもしれないし、肩の力の抜けたボランティアかもしれないし、「愛護推進員」という肩書きの人になるかもしれない。いぬやねこについての適正な知識を持っていることは不可欠だから、「愛玩動物飼養管理士」のような民間資格の保持者や、「適正飼養講習会」を頻繁に開いて「受講完了証」みたいな「お墨付き」を増やしてもいい。「認定ボランティア制度」みたいな考え方ももちろんありだろう。たくさんのひとが関われば関わるほど、よい知恵も出てくるでしょうし、相対的なバランスも保てるようになります。

       

      そういった流れを作っていくことこそが「行政と市民の協働」ということではないかなあ、と思います。行政任せでも行政批判でもうまくないし、ほかと足の引っ張り合いをするのはまったく無意味だ、というのがさるねこ父の考え方です。

      関連記事

      テーマ : 地域猫
      ジャンル : ペット

      長崎・佐世保・諌早・大村の譲渡会等情報-039

      下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
      長崎県央動物会議さん
      長崎はっぴーあにまるさん
      長崎わんにゃん会さん
      関連リンク:
      長崎市動物管理センター[収容犬情報]
      長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
      させぼ地域ねこの会
      長崎県地域猫活動連絡協議会
      関連記事

      テーマ : 里親探し
      ジャンル : ペット

      いくつになったの?
      15枚の写真からランダムに表示します
      @sarunekofumi-zrssfeed
      検索フォーム
      ブログ最新記事

       

      → さるねこふみ別館ブログ

      → オフィスさるねこブログ

      全記事(数)表示
      全タイトルを表示
      カテゴリ
      関連リンク
      RSS Link
      カレンダー
      05 | 2011/06 | 07
      - - - 1 2 3 4
      5 6 7 8 9 10 11
      12 13 14 15 16 17 18
      19 20 21 22 23 24 25
      26 27 28 29 30 - -
      最新コメント/記事
      データ取得中...
      カテゴリー/アーカイブ