長崎・佐世保・諌早・大村の譲渡会等情報-040

下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
長崎はっぴーあにまるさん
長崎わんにゃん会さん
関連リンク:
長崎市動物管理センター[収容犬情報]
長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
させぼ地域ねこの会
長崎県地域猫活動連絡協議会
関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

「長崎の町ねこ調査隊塾」第4回・第5回定例会報告

第1回~第3回定例会報告に続いて、第4回・第5回定例会報告です。

 

第4回定例会(2011/6/19)

日時:2011年6月19日(日) 14:00~16:00
場所:中央公民館第3研修室
出席者:10名

前週6/12に開催された山根さんの講演会に関する意見交換、「町ねこカルテ」の使い方に関する説明、9月に予定される「町ねこ写真展」企画の承認ののち、第3回に引き続いて寺町周辺の町ねこ調査を行ないました。

 

K-r09068
かじりましたね?

 

K-r09084

第3回定例会のとき、最初の町ねこ調査で最初に塾生が出会ったK食堂さんのねこさんは、ほど近いA市場まで出張中。この界隈をねこに注意しながら歩く方なら、一度は見かけたことがあるはずです。ねこの多いながさきでは、街で見かけるねこを紹介するブログがいくつかありますが(もちろん町ねこ調査隊塾とは関係なく)、こちらのブログ記事長崎まちんなか猫 Los gatos de Nagasakiこちらのブログ記事のらマニア ~長崎ぶらぶら猫~にも、このねこさんは登場しています。

 

そうしたブログでもときどき紹介されたりする町ねこスポット、寺町通りの延命寺にこの日は上がってみました。

K-r09111

 

K-r09132
雨の石畳にうっすらとシロクロさんの影が反映していますね。

 

K-r09146
しっぽ短か!

 

K-r09121
伸びをし終わった直後のこちらの黒サビくんは、左の上下の噛み合わせがずれています。以前、事故にあったのかな?

 

K-r09172
キジねこさん、警戒中。

 

K-r09188
写真は事務所を通しなさいよ! ──なんて言うわけないですね。

 

K-r09206
さっき黒サビくんがいた手水舎の梁の上に別のキジさんが。しっぽは短めのカギしっぽ。

 

K-r09226
このベランダの写真には5匹のねこ(キジもしくはキジしろばかり)が写ってます。クリックして拡大すると見つけられるかな?

 

K-r09213
カルテ記入用の色鉛筆を手にした塾生のOさんにすりすりしにいく黒サビくんとカギしっぽキジさん。

 

このあと、たまたま外から戻られた住職さんからお話をうかがうことができました。境内の入口に捨てられたりして集まったねこは30~40匹に上るということです。近所の檀家さん(ねこ好きさん)の協力も得て、その大勢のねこさんたちを養っていらっしゃるそうです……こういうのも、地域ねこというかたちに持っていったりもできるのかもしれませんね。


第5回定例会(2011/7/2)

日時:2011年7月2日(土) 18:00~20:30
場所:アマランス(長崎市男女共同参画推進センター)会議室1
出席者:15名(オブザーバ1名=安西所長を含む)

9月の町ねこ写真展についての告知、および、9/18の北九州町ねこ調査見学ツアー、伝習所塾運営に関する諸連絡のあと、町ねこ写真の撮影のしかたについて簡単に副塾長から説明がありました。

  1. 姿勢を落とす……ねこの背景を路面にしないように、腰を低くします。周囲の車やひとの通行には気をつけて下さい。
  2. あらかじめカメラをやや望遠寄りにズームしておく……35mmフィルム換算で50~80mmの画角設定ぐらいでないと、ねこが小さくしか写りません。普通のデジカメは、電源を入れると一番広角(広い範囲が写る)で撮影するようになっています(最近だと28~32mmぐらいの画角設定)。腰を下ろしてカメラをかまえてからズーム操作をしていると、逃げられてしまいます。
  3. たくさんシャッターを切る……10枚、20枚と同じねこを撮るうちには、1枚か2枚の当たりがでます。「数打ちゃ当たる」で臨みましょう。
  4. ピント合わせは眉間が基本……ねこは、いぬに比べて顔が平べったいため、眉間を狙えばだいたい両目・鼻先にピントが合います(ノーズの長いいぬだと、鼻先に合わせると目はピンぼけになります)。
  5. 無理に近づこうとしない……カメラをかまえた人間は、ねこにとってはMaxで警戒対象です。無理に近づくのはやめましょう。
  6. ねこの動きを予想する……撮影されているのに気づいたねこは、すぐに一目散に逃げることはあまりありません。逃げる間合いを計っています。その間は高い確率で「目線はカメラに」来ています。逃げ出すギリギリは姿勢が向こうを向いてしまいますので、ねこが間合いを計りだしてから逃げる構えに入る直前までが、シャッターチャンスになります。もちろん、こちらに気づいていない無防備なねこも、おもしろい被写体です。
  7. 安全確保に気を配る……撮影についついのめり込むと、小さな子どもと同じで、周りの車やひとの通行に気づかなくなります。安全確保には気を配りましょう。(なお、逃げ出そうとするねこもとっさの判断を誤る場合があるので、あまりねこを追い詰めないように気をつけて下さい。)

定例会ではこのうち、1~3について頭に入れてもらいました。この日から、町ねこ調査を「カルテ担当」と「撮影担当」のペアにしてみることになりましたので、「撮影担当」の塾生はカメラの設定に追われていました。

 

K-r09513
A市場のパレットに集まる3匹。左のチャトラと右のキジ三毛は、どうも兄弟っぽい。

 

K-r09535
真ん中のねこさんは、シロかと思ったら左肩にうっすらクリーム色のブチが入っていました。

 

K-r09562
このシロクロと三毛は、別の機会(地域ねこがらみ)でまた出くわすことになりました。

 

K-r09574
車に轢かれないようにね。

 

日本で一番西に位置する長崎の、一年で一番日が長いこの時期でも、町ねこ写真を撮るには19時半が限度ですね。

関連記事

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

町ねこ調査隊塾主催「ながさき町ねこ写真展」(8/31-10/2)

長崎の町ねこ調査隊塾の塾生が撮影した町ねこ写真を集めて、東古川町のカフェ豆ちゃんにて写真展を開催いたします。「町ねこカルテ」も合わせて展示します。

 

K-r10509

 

K-r08380

 

K-r10495

 

「町ねこってなに?」「町ねこ調査って、どういうもの? 何をするの?」という方、単に長崎のねこが好きな方、どなたでもお越し下さい。入場は無料です。オーダーごとに豆を挽いて淹れる「スペシャルティコーヒー」とここでしか食べられない「悪魔のティラミス」のセットを味わいつつ、町ねこ写真と町ねこカルテを眺めて和んでいただければと思います。

日程:2011年8月31日(水)~10月2日(日)
場所:カフェ豆ちゃん(東古川町1-5 / 095-825-4455)
※月・火は定休、水~日11:30~20:00(金は24:00まで延長)

 

カフェ豆ちゃんでは、「ながさき町ねこ写真展」以外にも、定期的に写真展・作品展やミュージックイベントを開催されています。こちらもどうぞ足をお運び下さい。

 

  • 6/29-7/24「川内清通写真展──海はつづく」
  • 7/27-8/28「吉田隆作品展:デジタルフォトとドローイング 世界の多層性へ向けて」……カフェ豆ちゃんオーナーの吉田さんの個展です
  • 7/23(土) 15:00-15:40「昼クラシック」……松浦知佳(Vn)・田辺清士(Vc)
  • 7/24(日) 15:00-15:40「昼ジャズ!!」……柴田健一(tb)・松本絢子(pf)・赤松貴文(bs)
  • 8/21(日) 15:00-15:40「昼ジャズ!!」……柴田健一(tb)・松本絢子(pf)・赤松貴文(bs)
  • 9/18(日) 15:00-15:40「昼ジャズ!!」……柴田健一(tb)・松本絢子(pf)・赤松貴文(bs)
  • 10/29(土) 「MAMALAID RAG LIVING ACOUSTIC TOUR 2011」ライブ
    18:00op | 18:30st | adv=3,500+1dr door=4,000+1dr
関連記事

第53回ねこ会議(2011/07/09)議事報告

出席:長崎猫の会2名、ながさき町ねこクラブ1名、チームねこばか2名、オフィスさるねこ1名、R&G長崎の保健所の命を救う会1名、長崎北部A地区(H公園)1名、長崎南部A地区(D町)2名、長崎北部A町1名、相談者の方5名(野母半島T町1名、長崎北部I町2名、長崎北部A町1名・長崎中央U町1名)、オブザーバの方1名 計17名


  1. 相談1:野母半島T町
    • 個人の餌やりで増えた30匹ほどの外ねこの不妊化・地域ねこ化について
    • 7月中旬から猫の会助成を使って、地域ねこ化に先行して9匹の不妊化を行なうことが決定済み
  2. 相談2:長崎北部I町
    • 自治会内で餌やりさんのねこの糞害がたびたび問題に上がったため、6月の自治会定例会で「トイレ設置」をテストしてみることになった
    • 効果的なトイレの設置方法についてアドバイスがほしい……先行して地域ねこ活動を行なっている長崎北部A町・長崎南部A地区(D町)より、(1)またたび使用の効果の有無、(2)個体別にトイレを分けるか否か、(3)どのような大きさ・どういう種類の土・砂を使うか、(4)どういう場所に設置するか、などについて具体的なアドバイスあり
  3. 相談3:長崎北部A町+長崎中央U町
    • 職場で餌やり(8匹・多くは不妊化済み)を黙認されているが、自分がまもなく退職するのでその先をどうしたらよいだろうか
  4. 報告1:長崎南部A地区(D町)
    • 近隣の小中学校に対して、遺棄防止などの動物愛護教育の時間を設けてほしい旨、申し入れをしている(前回項目9)
    • 地区内のゴミステーションに「捨てないで」ステッカーを掲出
    • 周辺町内へ地域ねこ活動を広げようと思っても、行政のスタンスや方針が今ひとつはっきりしないため、呼びかけにくい。協議会から行政や獣医師会に対して、意見を述べたり、要望の申し入れをしてほしい……オフィスさるねこが中心となって行なうことを確認
  5. 報告2:長崎北部A町
    • 県獣医師会助成を使って不妊化を完了、地域ねこ活動が軌道に乗りつつあるが、最近ちょっとした行き違いによるトラブルが発生した(現在は収束中)
  6. 6/18モデル事業説明会報告と今後見込まれる申請への対応について
    • 現地確認は複数のサポーターが個々ばらばらで行くことが考えられるので、一定の調査項目と基準を設けて、公平に比較・判断できるようにする必要を確認
    • 7/12に予定されている長崎中央K町の現地確認までに、オフィスさるねこでたたき台を作成、回覧することとした
  7. 長崎中央M町(2010年度長崎市モデル事業認定地区)現地報告
    • 認定ねこ5匹・地区有志による手術費負担ねこ4匹と、最近加わりつつある流入ねこ1匹(遠くない時期に有志で分担して手術予定)について、現状確認・写真撮影を6/25に行なった。
    • 現時点の経過は良好、昨年度来の不手際についてお詫び
  8. 長崎南部A町不妊化事案(前回項目5)の進捗状況
    • 3匹の不妊化対象メスのうち2匹の不妊化が完了、1匹は捕獲待ち
    • 生まれている子ねこ2匹については 7/3 R&G譲渡会で里親探しを行なったが、このときはご縁なし
  9. 長崎南部M町における不妊化事案について
    • 6/19に現地確認、成ねこ19匹(全て未不妊)・子ねこ4匹について、近所から若干クレームも入っており、どうにか対策を取りたい
    • 子ねこについては、うち3匹を 7/3 R&G譲渡会で里親探しを行ない、1匹にもらい手がつく
    • 現場が「ねこ捨て場」となっているように見受けられるため、周辺地域への働きかけを行ないながら、できれば地域ねこ化か、少なくとも地域の理解を得るかたちで、遺棄の防止を図っていくこととした
    • 参考記事:「ねこ困り」さんさるねこふみ別館
  10. 池島関連について
  11. 大浦地区での猫虐待情報について(前回項目8)
  12. 2011年度長崎市動物愛護フェスタについて
  13. 長崎の町ねこ調査隊塾主催「ながさき町ねこ写真展」(8/31~10/2@カフェ豆ちゃん=東古川町1-5)のお知らせ
  14. 「ねこ会議」運営主体の移行について
    • これまで「R&G 長崎の地域猫について考え行動する会」で主催してきたが、これを「長崎県地域猫活動連絡協議会」主催による開催へと変更することを決定
    • 「長崎県地域猫活動連絡協議会」の県民ボランティア活動支援センターへの団体登録が済み次第、主催団体を変更する

(文責:オフィスさるねこ

関連記事

テーマ : 地域猫
ジャンル : ペット

長崎・佐世保・諌早・大村の譲渡会等情報-041

7/24(日)長崎猫の会.さん佐世保譲渡会情報を追記しました。【7/20 1:10】


下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
Animal Rescue 佐世保さん
長崎はっぴーあにまるさん
長崎わんにゃん会さん
長崎猫倶楽部さん
少し先の予定に関する情報です。
2011年8月31日(水)~10月2日(日) 「ながさき町ねこ写真展」
2011年9月23日(金・祝) 第36回長崎市動物愛護フェスタ(その他、県内各地域において動物愛護週間(9/20~26)に関するイベントが予定されています)
関連リンク:
長崎市動物管理センター[収容犬情報]
長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
させぼ地域ねこの会
長崎県地域猫活動連絡協議会
関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

まちねこさるき

夕方になってから、W町周辺を歩いてみました。最初に出くわしたのはチャトラくん。

 

K-r11450

不機嫌なのかと思いきや……

 

K-r11451

駆け寄ってきて……

 

K-r11460

にゃーとアピールされた。目やに、すごいね。拭いてあげたい。

 

K-r11456

コンビニに居ついているようで、近所の子どもたちがこのあとなでたりしていた。

 

K-r11469

車の入らない住宅街に移動して最初に見つけたこの子は美形でした。去勢オスかな?

 

K-r11476

このあと、階段をえっちらおっちら登っていった。

 

K-r11492

非常に個性的な柄の三毛ねこ発見。『ぼのぼの』に出てくるアライグマくんに似ている。奥のキジトラくんは緑色の目がきれいだね。

 

K-r11500

こちらもきれいな顔立ちのシロクロ。

 

K-r11505

あらよっ。

 

K-r11508

こちらを警戒しながら、門扉の奥に逃げ込もうかどうしようか、思案中。

 

K-r11515

通りすぎたあと振り返ったら、向こうもこっちを見てた。

 

K-r11528

しかし、このへんの子は、どの子もみんな個性的な柄だね。

 

K-r11533

このキジしろさんは、でっぷり太って、目力があった。

 

K-r11537

でも、舌は出てた。

 

車の入らない住宅街を抜けて、通りに出ると、また別のねこさんに出会った。

 

K-r11542

けれども、ちょっと毛づやがよくない。車を避けながら暮らす環境は、やはりねこにとっては住みづらいのだと思う。

 

K-r11543

となりにいたこの子も、毛がぼさぼさだった。

 

地図の上では200m四方ぐらいの範囲を40分ほど歩き回って、9匹のねこさんに出会った。ながさきは、決してねこにとって住みづらい街というわけではないけれど、一概に「どこでも住みやすい」というわけではない。車の危険は、やっぱりねこの神経をすり減らすのだろうと思うし、虐待まがいのことだってないわけではない。病気も、目やにや鼻気管炎、それに皮膚炎を患っている子が多い。きちんと手をかけてケアしてもらえている子もいるし、やっぱりそうとは言えない子もいる。

どの子もみんなふっくらと健康に暮らせてはじめて「ねこに住みやすい街」と言える。ながさきは、そんな街になる潜在力は持っているかもしれないけれど、まだまだ大きな隔たりがあると感じる。その原因の多くは、ひとの意識の問題。だから、やるべきことは多い。

関連記事

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ