スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協議会不妊化助成ねこ(1) - 長崎南部M町アイちゃん

昨年販売した協議会チャリティーカレンダーの収益金(約40万円)を基に、長崎県地域猫活動連絡協議会では、2011年8月21日に長崎南部M町のアイちゃん・グーグーちゃんの不妊化手術に対して助成を行ないました。協議会としての不妊化助成ねこ第1号ということになります。

 

K-r13937
アイちゃん(1歳・キジしろ・メス)

 

K-r14674
グーグーちゃん(1歳・グレーキジ・メス)

 

2匹は、今年販売中の協議会チャリティーカレンダー『ながさきの地域ねこ2012』にも登場します。グーグーちゃんは手術後すぐに元気に走りまわり、愛嬌をふるまっているのですが、アイちゃんは開腹時に左腎臓の周囲に水が溜まっているのが発見されました。簡易検査の結果では、特に重篤な腎不全のきざしが見られるわけではなく、経過観察ということになりました。

 

しばらくは小康状態だったのですが、9月中旬ごろから食欲が落ち、目立ってやせてきました。一方で、避妊手術前まではひとと距離をとりがちだったのが、甘えてすり寄ってくるようにもなり、どこか体がだるいとか痛いとかいうふうでもありませんでした。

 

K-r14748

 

このまま少しずつ回復していくかなと思っていた矢先、10/7に容態が急変し、下半身がふらついて歩けない状態になりました。餌やりさんの自宅で面倒をみることになり、この連休中にもずっと見守っていただき、10/10には不妊化手術をしてくださった動物病院で点滴をうってもらたりもしたのですが、今日10/11の朝、息を引き取りました。

 

20111011202223
不妊化手術を担当して下さった動物病院の先生からは花束をいただきました。ありがとうございました。


おそらく避妊手術の際に判明した腎臓まわりの不良がきっかけとなって、腎不全(あるいはそれに近い状態)を引き起こしたのではないかという推測はしていました。ねこでも人間でもそうですが、腎臓を一度やられると、それを元の状態に回復させることは、現在の医学・獣医学では不可能です。なんとかだましだまし病気と付き合うほかはありません。

 

はっきりとした病因がなんであるのか、それを調べるには、高額の検査料がかかります。それがわかったところで、その先に治療を定期的に続けられるかといえば、そこにもやはり金額面の壁が立ちはだかります。個人の飼いねこであればともかく、10匹、20匹の外飼いのねこたちの面倒を見なければならない「地域猫活動」では自ずと限界がある。協議会とそのサポートメンバーのちっぽけな財布でお金を出し合って、それでもどこまで生きられるかわからない。

 

できるかぎりの医療を受けさせるのがアイちゃんにとってよいことなのか。それとも、与えられた寿命のなかで精一杯QOLを保ちながら安らかに過ごさせるのか。どちらがよかったのか、今でもわかりません。ただ、あまり人慣れしていなかったアイちゃんが、餌やりさんがそばにいて一緒に過ごしてくれることを喜んでいた、ということは確かです。ベストの選択ではなかったかもしれないけれど、アイちゃんは満足して旅立っていった、と思いたい。

 

K-r13470
餌やりさんの足元でくつろぐ

 

K-r13392
よくこんな感じで考え込んだようなポーズを取っていました。写真を撮られるのは苦手だったのかもね。

 

K-r10757
まだ手術前ですが、いちばんいい顔をして写っている1枚。

 

 

アイちゃんの冥福を祈ります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地域猫
ジャンル : ペット

子ねこの里親さんさがしを始めました

ココちゃん(1.5~2ヶ月・シロクロ・たぶんメス)です。

 

K-r15729

 

K-r15749

 

K-r15757

 

長崎県地域猫活動連絡協議会でサポートに入っているM町の現場から保護しました。bangさん(チームねこばか - ねこ会議2号さん)のブログで里親さがしをされているむてんちゃんも、ここの出身です。子ねこにとっては生き抜くのが厳しい現場で、少しでも救える命は救えれば、ということで、ふみの里親さがし以来2年ぶりに、里親さがしをすることになりました。詳細は、また追々記事にしていきますが、保護することにしたのにはこんなきっかけがありました。


実は、昨日日曜日に、この現場で一番力の弱かったチビミケちゃんが、急に体調を崩して亡くなりました。一昨日土曜日に立ち寄ったときは、腰を下ろした私のジーンズのパンツにえっちらおっちら這いあがり、太ももの上で「あ~、あったかでしゅ」と目を細めていたのが、翌日には冷たくなっていたのはつらかったです。現場でねこたちのお世話をされているNさん・Sさんにとっては、もっとつらいことでしょう。

 

K-r13707

Sさんにミルクでふやかしたごはんをもらうチビミケちゃん(9/1)

 

K-r13770

ヨソオバチャンに体を舐めてきれいにしてもらう(9/1)

 

K-r13990

じたばたする力はけっこう強かった(9/1)

 

このころから左目に目やにが出がちだったのですが、2週間ほどで急に角膜炎が悪化し、左目を失いました。

 

K-r15521

毎日Sさん・Nさんにケアをしてもらっていても、目やにと鼻水でガビガビですが、人なつこさは以前より増しました(10/15)

 

K-r15532

近所の料亭の板前さんが差し入れてくださったダシがらをほかの子たちと一緒にぱくつく(左から2匹目・真ん中のシロクロはココちゃん、10/15)

 

このときは片目のハンディキャップも気にしないくらい元気にしていたのが、翌朝から急にうなり声を上げて苦しみ始め、お昼過ぎには亡くなったそうです。

 

K-r15725

昨日(日曜日)のお通夜に、お花を届けに行きました。チビミケちゃんの小さい体に合わせて、少し小ぶりでかわいらしく仕上げてもらいました。

 

このM町の現場で、次に体が弱かった子が、ココちゃんです。そのようすが、保護当時のカンナにそっくりだったのが、どうしても気になってしかたがありませんでした。それで、Nさん・Sさんの了解をもらって、さるねこ父&母で引き取って体調をととのえた上で、里親さんさがしへつなげることにしたのです。

 

ココちゃんのほかにも、この冬を越すのは体力的に厳しい子ねこがあと3~4匹、年寄りねこが2匹ほどいます。ほんとうは、その子たちにも、またそれ以外の20匹あまりのどの子たちにも、あたたかい家を用意してあげられるとよいのですが、なかなか里親さんさがしもままならない状況です。ココちゃんをはじめとするM町の子たちの里親さんになってくださる方を、心から求めています。しばらく里親さがしブログになると思いますが(更新頻度はあまり上げられませんが)、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

シロクロ子ねこのココちゃん、健康チェック

さて、10/18の朝にM町のNさん・Sさんのところからお預かりしてきたココちゃんは、そのままかかりつけの平野町ペットクリニックさんに運び込まれて、ひととおり健康チェックを受けました。

 

まず体重は660グラム。

K-r15738

動くとちゃんと計れないよ~。

 

K-r15739

……でも動く。このあとカメラに向かって、ずんずん動きます。「好奇心旺盛」というほどではありませんが、基本的に「ひとが好き」な子です。

 

続いて、しっぽを持ち上げて雌雄判別。

K-r15736

「なにするでしゅか!」

 

いちおう、たぶん、女の子です。この月齢の子ねこは、雌雄がわかりにくいことがしばしばありますので「いちおう」です。

 

骨格はしっかりしてきていますが、身がやせていて、少し頼りない感じです。先生からは「うーん、通常で考えれば1.5ヶ月くらい、まだ2ヶ月なっていないと思います……」ということでしたが、栄養状態が充分とはいえないココちゃんですので、なんとも言えないところです。ココちゃんだから九日=8/9 か 9/9 とか、ふみ同様「にゃんにゃん」で22日=8/22 とかいろいろ考えた末に、ココちゃんの誕生日は9月1日と決めました。(1) 1.5~2ヶ月齢にあたる日付で覚えやすい、(2) さるねこ父と1ヶ月違いで同じ日にち、というのが主な理由です。

 

そして、寄生虫チェックや血液検査の結果は次の通りです。

 

  • FIV(簡易検査)=陽性(母ねこからの移行抗体反応も考えられるので遺伝子検査を依頼)
  • FeLV=陰性
  • パルボウィルス検出なし
  • ノミ・ダニ・耳ダニ検出あり、フロントラインスプレーを塗布
  • コクシジウム原虫感染あり
  • 蛔虫・条虫については、持っているものとして、駆虫剤を飲ませて駆除中
  • 皮膚炎若干あり

赤字の部分は、注意が必要な点です。FIV(いわゆる猫エイズウィルス)は陽性反応が出ました。以前、「ふみがワクチン打ちました ~ねこの病気とワクチン~」という記事で、うちのカンナのことも例にまじえながら、FIV 感染についてまとめてありますので、ご覧下さい。もちろん陽性反応が出ないに越したことはないのですが、だからといって「陽性反応が出た、もうおしまいだ」ということではまったくありません。きちんとケアをすれば、十分天寿を全うできると言えますので、その点をご理解くださればさいわいです。

コクシジウム原虫の感染については、蛔虫・条虫に比べると、駆除に根気と時間がかかります。また、他のねこへの経口感染がありますので、きちんと治るまでは隔離が必要です。

 

とりあえず、わが家の受け入れ体制をととのえるまで、しばらく平野町ペットクリニックにココちゃんは預かっていただくことになりました。

 

K-r15756

先生のところで、しっかり治していこうね。

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

長崎・佐世保・諌早・大村の譲渡会等情報-044

下記の主催者さんについては情報が入り次第追記いたします。
Animal Rescue 佐世保さん
長崎わんにゃん会さん
長崎猫倶楽部さん
関連リンク:
長崎市動物管理センター[収容犬情報]
長崎県動物愛護情報ネットワーク[譲渡犬情報][譲渡猫情報]
させぼ地域ねこの会
長崎県地域猫活動連絡協議会
    関連記事

    テーマ : 里親探し
    ジャンル : ペット

    カレンダーを新聞で取り上げて下さいました

    chiikineko_2012_cover

     

    9月16日より販売を開始した長崎県地域猫活動連絡協議会チャリティーカレンダー『ながさきの地域ねこ 2012』ですが、ありがたいことに、3つの新聞社さんが取材してくださり、先週から今週にかけて記事にしていただきました。

     

     

    毎日新聞では、九州各県および山口県版に掲載していただいたことから、約80件のカレンダーに関するお問い合わせをいただき、約130部をご購入いただけることになりました。長崎県内(のまたごく一部)で自分たちで売って歩くのでは絶対に届けられない方々に、カレンダーのこと、また地域ねこ活動のことを知っていただく機会ができたことは、本当にありがたく思っています。購入して下さったみなさまにも感謝申し上げます。

     

    また、西日本新聞の記者の方には長時間取材をしていただき、ていねいな記事を載せて下さいました。

     

     飼い主はいないが一定の地域に住み着き住民やボランティアに世話をされている「地域ネコ」の保護活動に取り組んでいる県地域猫活動連絡協議会が、地域ネコの写真を使った2012年のカレンダーを作成した。1部千円で、収益はネコの避妊・去勢手術の費用に使われる。

     連絡協は県内の動物保護団体などが、「ネコと人間が共生する社会の実現」を目指して2010年5月に発足した。

     野良ネコの多い長崎では、ふん尿やごみあさりなどの被害に悩む人も少なくない。一方で、個人の負担でエサやりや清掃に取り組む人もいる。

     連絡協では単に野良ネコを保護するのではなく、ネコ用トイレの設置やエサやり、避妊・去勢手術など、地域でネコを守ることに住民の理解を求め、結果的に少しずつ頭数を減らしていく長期的な活動を促している。

     来年のカレンダーには、路上で昼寝やあくびをしたり、桜の木に登ったりと、連絡協のメンバーが撮影したネコたちのかわいらしい表情が並ぶ。避妊・去勢手術が済んでいることを示すため右耳に小さな切り込みが入った姿も印象的だ。

     カレンダー作成は昨年に続き2回目で、前回は500部を売り上げ、収益で5匹が避妊・去勢手術を受けたという。

     連絡協は「被害に困っている人、ネコをかわいがりたい人の双方に役立てるため、活動の趣旨に賛同してもらえればうれしい」としている。

     カレンダーは長崎市東古川町のカフェ豆ちゃん、同市江戸町のネコカフェ「猫家 ふく福」などで販売中。

    =2011/10/21付 西日本新聞朝刊=

     

    単純にノラねこを大事に保護するというだけではなく、ねこに困っているひと・ねこをかわいがるひと、どちらにとっても──そしてもちろん外で暮らすねこたちにとっても──住みやすい環境をつくるための「地域ねこ活動」という主旨を、こうして記事の形にして下さったことは、ある意味非常に画期的なことだと思います。ひとりでも多くの方の目にとまり、記憶のどこかに留まってくれればと願います。

    関連記事

    テーマ : 地域猫
    ジャンル : ペット

    ココちゃんに面会してきました

    平野町ペットクリニックで看ていただいているココちゃんに面会してきました。

     

    K-r15758

    月曜日のときより、ずいぶんとべっぴんさんになりましたよ。

     

    K-r15750

    これは月曜日の写真です。右目の下は目やにでただれてしまっていて(たぶんその上に薬を塗ってもらってたんじゃないかと思います)、鼻の下も、鼻みじゅぐじゅぐじゅになっていました。

     

    K-r15764

    で、これが今日(土曜日)です。まだ痕は残っていますが、ずいぶんきれいになりました。目もぱっちりしてきて、美人さんになってくれそうです(←すでに預かりバカです)。体重は、660グラムから880グラムへと、1.3倍になりました。平野町のスタッフのみなさま、ありがとうございます。

     

    K-r15774

    診察台の上でごろん。まだ下の白いタオルと比べると黄ばみがわかりますが、徐々に真っ白ふわふわになるはずです。

     

    コクシジウム感染ですが、M町のときは明治ブルガリアヨーグルトレベルだった便が、溶けかけのソフトクリームまで固まってきているそうです。ヨーグルトはつまめませんが、ソフトクリームはつまめぬでもない、と、まあそんな感じです。健康なねこさんの便はコロコロでほとんど水分を感じさせませんが、徐々にそうなっていってくれればなあと思います。溶けかけの生チョコレートぐらいまでなるといいんですがね……たとえがよろしくなくてすみません。

     

    明日23日(もう日付がかわって今日ですが)は、長崎市宝町公園(長崎市宝町10)でいぬねこ里親譲渡会があります。しっぽの会長崎 Life of Animal長崎猫の会. の3団体協同の譲渡会です。ココちゃんはまだ参加できませんが、同じM町出身の、bangさんのところのむてんちゃんが参加です。やや洋ねこ混じりの白ねこオッドアイで、超カワイイです。最近はおてんばさんらしい。

    ほかにも長崎市動物管理センターの収容犬や、各団体の保護ねこ・保護いぬが、本当の家族さがしのために参加しています。「ちょっと見てみるだけ」でかまいません。立ち寄ってくださるとうれしいです。

    関連記事

    テーマ : 里親探し
    ジャンル : ペット

    ココちゃんの遺伝子検査とFIV(いわゆるねこエイズ)

    血液の簡易検査キットでFIV(猫免疫不全ウィルス、いわゆる猫エイズウィルス)陽性の結果が出ていたココちゃんですが、確認を期するため行なった遺伝子検査の結果が出ました。残念ながら、陽性でした

     

    K-r15776

    コ:がっかりです……

     

    K-r15770

    コ:ココちゃん、死んじゃいますか?

     

    いやいやいや。そんなこと、ないから。

     

    K-r15760
    コ:ほんとでしゅか?

     

    そうだよ。ココちゃんの病気のこと、ちゃんと知っておこうね。

     


     

    というわけで、FIV のことについて改めてまとめておきます。さるねこ父は獣医師ではありませんので、細かい点でツッコミどころはあるかもしれませんが、大まかには次のような理解で間違ってはいないと思います。でも、最終的にはかかりつけの獣医師の先生にきちんと確認していただければと思います。

     

    まず、FIV(猫免疫不全ウィルス)にはどのようにして感染するか、という点ですが、その多くはケンカによる咬み傷などの傷口を接点として感染猫の唾液・血液に含まれるウィルスが非感染猫の体内に入ること、もしくは交尾時において感染猫の体液が非感染猫の体内に入ることで感染するのが一般的です。リンパ系の組織がウィルスに感染することで、感染猫の体に変調を来すことになります。

    一方、感染猫・非感染猫が互いにグルーミングをして、感染猫の唾液を非感染猫が舐めることによって感染するケースはごくごく稀とされます。また、子宮内での母子垂直感染や、母乳を通しての母子感染も稀であるとされています(※感染母猫の母乳を通して、ウィルスではなく「抗体(ウィルスに対抗するための物質)」が子猫に渡される「移行抗体」とは別の話です)。

    2ヶ月にならないくらいのココちゃんが感染した経路として一番考えられるのは、感染母猫がココちゃんをグルーミングしてくれていたときに、たまたまココちゃんの体のどこかに傷口があって、そこから運悪くお母さんの唾液が体内に入ってしまった、というケースでしょうか。

     

    ウィルスが体内に入ってしばらくすると、感染猫は微熱が続いたり下痢をしたりといった症状を示し、同時に血液内に抗体ができます。体力のない子ねこの場合、この段階で命を落とすこともあり得ますが、そうでなければ次第に症状は消え、無症状のキャリア(保菌猫)となります。

    この無症状状態をどれだけ長く保てるかが、FIV キャリアのねこの一生を大きく左右します。完全室内飼いをして他の病気をもらったり体調を崩したりするリスクを減らし、必要十分な栄養を与えてストレスのない生活を送らせれば、次にやってくる不幸な段階へ移行することなく、健やかに(といっていいでしょう)天寿を全うできます。残念ながらそうならず、その子の本来の寿命の前にトリガー(引き金)が引かれてしまうと、徐々に体調を崩し、AIDS(後天性免疫不全症候群)による重い感染症がもたらすつらい死を迎えることになります。

     

    世間一般の認識としては、もともとHIV(ヒト免疫不全ウィルス)が引き起こすAIDS患者の重篤な症状が頭にあって、その類推で、ねこも同じように FIV にかかると(感染すると)すぐにそういった重い症状で死に、またそれを他のねこや、時にはひとにまで撒き散らしてしまうのではないか、と思うかもしれません。しかし、それはかなり大きな誤解を含んでいます。

    まず、HIV にしろ FIV にしろ、そのウィルス自体の感染力はそれほど強いものではありません。「さわっただけでうつる」とかそんなものではない。また、ウィルス自体が強い毒を持っていたりするわけでもありません。HIV・FIV の怖ろしい点はそこではなく、本来健康な個体(ひとでもねこでも)が持っているはずの免疫力を無化してしまうという点です。

    ひともねこも、ちょっとくらいの風邪のウィルスなどが入り込んでも、免疫系が機能して、そうしたウィルスをやっつけたりして軽い症状で済ませられるものです。しかし HIV・FIV により AIDS を発症するとその免疫系が効かず、風邪のウィルスは体内で好き放題に繁殖し、重い肺炎や腸炎、脳炎などを引き起こします。それが、AIDSがもたらす重い症状の正体です。ガリガリにやせこけ、皮膚炎で毛が抜け落ち、下痢を垂れ流すようなねこの AIDS 末期症状は、本来であれば=免疫系が機能していればならなかったはずの合併症です。

     

    FIV は、そうした重い合併症を直接発症させたりうつらせたりする力を持つウィルスなのではありません。たとえるなら「健康を保つために必要な能力を失わせる時限爆弾」のようなものです。

     

    FIV は、ひとにはうつりません(突然変異すればわかりませんが、いまのところその例はありません)。また、他のねこにも簡単にはうつりません──という書き方は語弊がありますが、きちんと注意して管理すればうつさずに済むのは確かです。同じように、きちんと注意して管理すればかなりの確率で「時限爆弾を破裂させずに済む」のも確かです。

    FIV感染猫と非感染猫を一緒くたにして飼い、けんかをするようなリスクをほったらかしにすれば、うつります。安易に感染猫を外に出してしまえば、よけいな病気にかかるリスクを高め、結果として「時限爆弾」が破裂してしまいます。だから「そうしなければよい」のです。

     


     

    さるねこ父は、きちんと観察しながら、その時に応じて適切なケアを行なっていけば、FIV キャリアのねこの天寿を全うさせることは難しくないと考えています。FIV キャリアねこを単独で飼うのであれば他ねこへの感染の心配もせずにすみますし、複数飼いをする場合でもケースバイケースで対応策はあると思います。

    ちょっとだけハードルはあがったココちゃんの里親さんさがしですが、ていねいに説明することで、ご縁をつかみたいと思います。

     

    だから、ココちゃんもがんばろうね。べっぴんさんにならなきゃね。

    K-r15779

    コ:うぃっす。

     

    …………「べっぴんさん」だよ?

    K-r15763

    コ:よろしくですの。

     

    はい、よくできました(^_^)。

    関連記事

    テーマ : 里親探し
    ジャンル : ペット

    環境省パブリックコメント「動物取扱業の適正化について」

    このブログは、あんまりほかの方のブログの転載ってしたことないのですが、珍しくやってみます。

    7/28~8/27に募集された動物取扱業の適正化に関するパブリックコメントの集計結果が出ています。まぐろさんのブログ「すこやま しまこ」の「動愛法パブコメ集計結果」より転載です(JPEG画像データになります)。

     


    ここからはさるねこ父の感想です。

    5年前の改正時に行なわれたパブリックコメントで、業者の組織票にまったく太刀打ちできなかった規制強化賛成派≒動物愛護・福祉に関わるひとびとが、今回はこぞってブログやTwitterでコメントの送付を呼びかけた結果、数の上では圧倒的多数が規制・管理を強める方向の意見を送ったことになります。

    これが実際にどのように法改正に反映されるのかが肝心ですから、今後の検討委員会(小委員会)の議論のゆくえを見守っていくことが大事ですね。

     

    個人的には、次に(おそらく年末に)募集が行なわれるはずの、多頭飼育適正化や不妊去勢の義務化、飼い主のいないねこの繁殖制限に関わるパブリックコメントが気になっています。

    関連記事
    いくつになったの?
    15枚の写真からランダムに表示します
    @sarunekofumi-zrssfeed
    検索フォーム
    ブログ最新記事

     

    → さるねこふみ別館ブログ

    → オフィスさるねこブログ

    全記事(数)表示
    全タイトルを表示
    カテゴリ
    関連リンク
    RSS Link
    カレンダー
    09 | 2011/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新コメント/記事
    データ取得中...
    カテゴリー/アーカイブ