スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒ごま

しつこくごまの話ですみません。川口一惠さんからいただいたコメントから、ふみの黒ごまの正体がなんとなくわかってきたので記事にしておきます。

ねこの肛門腺(肛門嚢)は、肛門のすぐ脇にあります(川口一惠さんの表現をお借りすると「8時20分の位置に黒い点々として2つ」)。肛門腺から出る分泌物は、うんちのときに肛門括約筋が働くことでうんちと一緒に出てきます。しっかりと固いうんちを出すねこ(カンナがそうです)の場合は、括約筋もしっかり働くので、肛門腺の分泌物もきれいさっぱり出てきます。これが健康な状態です。

なんらかの事情でうんちが軟らかい場合、またうんちの量が少ない場合(子猫やメスねこ)は、括約筋があまり働かなくてもうんちが出てきますので、分泌物の排出が不十分になります。

ふみの場合、条虫がいたことでうんちがゆるくなっていました(いちおう形は保つけれど、ふみが踏むとつぶれる固さ、たとえていうと溶けかけの生チョコぐらい)。さらに(ゆるいせいもあると思いますが)うんちの回数も1日2回でしたので、うんちの量も少なかったことになります。このため、分泌物が十分に排出されず、肛門腺にいつも溜まった状態だったようです。

なお、この状態が長く続くと肛門腺が詰まって炎症を起こしたり(肛門嚢炎[こうもんのうえん])、さらに悪化すれば細菌感染を起こして化膿したりします(肛門嚢膿瘍[こうもんのうのうよう])。後者の場合、入院&手術になるケースもあるようですね。また、こちらのページによると、詰まりやすくなる原因としては、肥満・下痢・寒さ・加齢による運動不足が上げられています。

分泌物は排便時のほか、なにか興奮したとき・恐怖を感じたときなどにも分泌されます。ふみはカンナに比べておしりのニオイが気になる子だなあ(特に、遊びがエスカレートして興奮したときや、爪など切ろうとつかまえられて逃げようとするときなど)と思っていたのですが、もともと溜まりやすい分泌物がちょっとしたきっかけで外に出てきて、それがニオイのもとになったようです。

そして、外に出てきた分泌物がおしりの周りで乾燥してできたのが「黒ごま」の正体だったのではないかと考えています。もう少し正確に描写すると、黒ごまを摺ったときのごまの皮みたいな感じのものが肛門腺からちょろんとはみ出ている、という感じだったのですが、うまく伝わるでしょうか。(なお、分泌物のようすは、ねこによってさらさらだったりどろっとしてたり、個体差があるようですので、「黒ごまの皮」にならないケースもあるかと思います。)

※あと、これはさるねこ父が勝手に混同していたことですけど付け加えておくと、オスねこがよくやるというスプレー(尿スプレー)と肛門腺分泌物とは別物です。

駆虫剤投与で条虫がいなくなった(と思われる)ふみは、目に見えてうんちが固く健康になってきました(たとえていうと、冷蔵庫から出したばかりのチョコレートトリュフぐらい=ころころ転がります)。うんちの頻度も1日1回強まで下がり、1回のうんちの量は増えてきました。肛門腺からの分泌物の排出条件もよくなったと推測されます。

そのため、おしりの周りに黒ごまの皮が付いていることもほぼなくなりました。興奮したときの分泌物のニオイは……どうだろう? ここ数日さるねこ父が鼻風邪を引いているのであんまり違いがわかりません。

IMGP19864
ふ:(……ふみのおちりの話はもうけっこうでしゅ。)
父:すんませんね。

IMGP19608 
ふ:うんちをチョコでたとえるのもどうかと思いましゅ。
父:バレンタインも近いからねえ。

IMGP19580
ふ:(……よけいわるくにゃいでしゅか?)

関連記事

Comment

ふみちゃんはだんだん可愛くなってきてますねぇ。さるねこ父さんは日曜日の長崎市内の譲渡会は欠席されたのですか?体調崩されたり忙しかったりでそうそう毎回はいけないですよね。譲渡会の様子や犬猫の写真などを沢山載せたら来てくれる人がもっと増えるだろうにな~といつも思います。用意に忙し過ぎてそこまでは無理なんでしょうね。相当大変でしょうから。 あの大きなテントの中はどうなっているのだろう?と思っています。だからさるねこ父さんのブログで譲渡会の様子を確認してました。いつもいろんな情報をありがとうございます。
ボランティアさんがもっと宣伝して 沢山の人が来てくれるような日が来ますようにって願ってます。

momoさま

コメントありがとうございます。日曜日は、行くつもりいっぱいだったのですが、あいにく風邪で体調を崩してしまってお手伝いできませんでした。

さるねこ父も、momoさんとまったく同じことを考えていました。R&Gとわんにゃん会と2つの譲渡会のお手伝いをしてみて、たぶん譲渡会を開催するだけでも手一杯で、その様子や結果を紹介できればもちろんいいのだけれど、そこまでは手が回らない、という感じに思えました。あともう一つには、長崎という土地柄によるのだと思いますが、ネット上の情報だけでは十分行き渡らずビラや掲示を出したりしなければならない、というのもあるかもしれません。

さるねこ父としては、保護猫さんの預かりとかはちょっと無理なぶん、そういう方面でお手伝いできればなあと考えています。その矢先に風邪を引いてしまったのが返す返すも残念ですが、これから先にもまだまだ機会はあるので、ぼちぼち情報発信していければよいなと思っています。

R&Gの譲渡会のテントのなかは……意外とほかの譲渡会と同じだと思いますが、脱走防止のためにネットを張り巡らしているので、少し近寄りがたいかもしれませんね。勇気を出してのぞいてみた通りすがりのおじさん・おばさんたちが「なんだ、ねこか」と言って帰って行かれることが多々あります(^_^;。

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ