スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲渡会(9/18諫早市高城公園・わんにゃん会-後編)

前編に続き、参加いぬ紹介の後編です。

まず悠ママンさん預かりのきらりちゃん(7歳)。顔を正面から撮ると、なぜかいつもピンぼけします。

IMGP28071

IMGP28137

IMGP28143

IMGP28060

ママン7さん預かりの茶々ちゃん(5~6歳・シーズー)。大村の長崎県畜犬管理所からの引き出し犬です。

IMGP27873
ピンクの服がきらりちゃん、水色の服が茶々ちゃん。

IMGP28063

IMGP28073
なでなでされても、特にいやがるでもなく、よろこぶでもなく、じっとおとなしくしていました。

一般参加で大村のボズさん預かりのハルくん(2歳・MIX)。

IMGP27958

IMGP27957
モヘモヘの毛並みです。

「猫に興奮する」とボズさんのブログにはありますが、わたしが見ていた範囲では、そんなでもなかったような?

同じくボズさん預かりのエーちゃん(♂・5~6歳・イングリッシュ=コッカースパニエル)。「要求吠えあり」とありますが、確かにそんな感じで、わふわふ吠えては、ボズさんたちに叱られていました。

IMGP27938

IMGP28049

IMGP28000


なんだかばたばた忙しくて、撮影枚数に多い少ないありますが、たぶん全頭紹介できているはずです。そして、残念ながら、どの子にもご縁はありませんでした。ひとは来たけど、「譲渡会に」来たわけではない方が圧倒的多数だったため、しかたないですね。

IMGP27870
さにぃさんの手作りリードなどは、稲佐山公園に引き続いて販売されました。ネット販売も計画中です。


最後に、のんのこ祭りのスナップショットや印象を少しだけ。

IMGP27854
有名な諫早眼鏡橋の隣が舞台スペースになります。

IMGP27859
オープニングセレモニーで飛ばされた大量の風船。エコ風船だったりするのかどうかは知りませんが、最近では珍しいものを見ました。

IMGP27910 
アエルいさはや前から出発する踊り連。練り歩くコースはいまいちよくわかっていませんが、最終的には、眼鏡橋となりのステージに到着します。

IMGP28160

IMGP28162

IMGP28174
眼鏡橋に上がって、舞台の裏側から会場を見ると、こんな感じ。

踊っているのは、のんのこ踊りのバリエーションの一つで、一番新しく1990年に創られた「まつりのんのこ」(YouTubeで節や踊りが実際に見られます)。のんのこ諫早まつり自体は1998年から始まりますが、これはそれ以前からあった「のんのこ祭り」と「秋祭り」を一つにまとめてできたものだそうです。「のんのこ祭り」がいつから行なわれているのかはまだ調べきれていませんが、1955年の「本踊り」という踊り形式とレコード化された節回しの誕生、1960年の「道行き」という歩きながらの踊り形式の成立、1984年の「新のんのこ」という単純化された踊り形式の成立を経て、1990年の「まつりのんのこ」の踊り形式成立+1998年の一本化された「のんのこ諫早まつり」の開催という経緯を考えると、高知のよさこいに代表されるような1950~60年代に地方都市で確立していく現代型の民謡+舞踊の一つと考えるのがよさそうです。(cf. のんのこ諫早まつり | 歴史

祭り・踊りを観ての感想ですが、正直なところ、観ていてそんなに楽しい踊りではないです。何度かにわたる踊りの単純化のプロセスを経た結果、ある意味、誰でも踊れるけれども、その分「奥行き」とか「深み」とか「極め」とか「ノリ」とか「タメ」といった、ことばにしにくい、でも明らかに上手い下手が表われる要素がほとんどなくなっていて、つまらない。

踊りや唄(音楽)の決めごとが極限まで減らされていて、踊り連の自由な工夫の余地の大きい「よさこい(よさこいソーランを含む)」は、踊り・振り付けに注目したり、衣装に注目したり、音楽に注目したりと、観客がそれぞれの見方を楽しめますが、「のんのこ」はそういう変化に乏しい。唯一自由な感じだったのは「衣装」で、キワモノ的にギャル浴衣でコスプレした男性による踊り連などが出てきて、観客の注目と笑いを誘っていましたが、「地元の○○さんが踊ってる」とかの要素がないと、ずっと観てられるものではなかったです。

あくまでも、18日土曜日午後のプログラムだけの話で、18日夜の「おはら節」や「おてもやん」と「のんのこ」の競演とかはおもしろいのかもしれません、というか、おもしろそうです。時間があれば、来年はゆっくり観てみようかと思います。

関連記事

Comment

はは、良く見てますね。
ハルちゃんはもう猫に興奮しないみたいですね。これは絶対治らないだろうなぁと思う事が急に治ってしまうのが保護犬の面白い所です。

のんのこは観る踊りじゃないですな。僕は大村だけど子供の頃踊ってましたね。難しくないから今でも踊れるんでしょうが、ネックなのが祭り嫌いという所です。

ボズさま

のんのこ譲渡会に参加したねこたちがおとなしかったのも、影響しているんでしょうかね?
やっぱり鼻先までねこが来たら、興奮したりするのかも。

譲渡会が6時前に終わって、少しはお祭りを見ていこうかと残っていたのですが、どうにも間が持たず、15分で退散しました。「つまらない」というと語弊があるかもしれませんが、よそものが見ていても飽きてしまうことは確かです。高知のよさこいは5年前に観に行きましたが、あれはおもしろかった。

しかし、帰りのかもめの車内(たまたま諫早駅に着いたらすぐにかもめがやってきたので、乗ってしまいました)では「今日・明日とのんのこ諫早まつりが開催中です、どうぞみなさまお越し下さい」みたいなアナウンスをやっていましたね。

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ