スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南島原市17匹ねこ・続報

先日記事にした南島原市の17匹のねこの続報です。高齢者の方が施設入所を控え、17匹のねこが行き場を失う前に、と介護支援をされている方がサポートに入ってその子たちの不妊化手術を引き受け、さらに里親探しをされています。

サポートに入っていらっしゃる方(matsuさん)がなかなか写真をうまく撮れない、ということで、とらきちさんと一緒に南島原まで行ってきました。途中、とらきちさんケータイによるカーナビで雲仙温泉まで登らされたのですが、確かに最短ルートではあったものの、折からの雨で山にかかったガスのせいで視界が20~30mになったときは、ちょっと焦りました(運転していたので、写真はありません)。

K-r05289
高齢者の方のお宅の周りに広がる畑の風景

K-r05292
近所には、カンナ柄の牛を飼っているお宅もありました

K-r04520
カ:ぼく?
父:牛さんもカンナも、シロクロでしょ?

サポートをされているmatsuさんから最初にこの話をうかがったときには「地域ねこ化は無理ですか?」と尋ねましたが、確かにこの風景をみると、それは無理だと納得しました。やっぱり現場は見てみるものです。


さて、写真のとおり、当日(6日)の長崎地方は雨だったため、内外飼いだというねこたちの何匹に会えるかは未知数でしたが──晴れていれば昼間でも屋敷の周囲で遊んでたりするでしょうが、雨だとどこか落ち着ける濡れない場所にこもってしまう──、残念ながらあまりたくさんのねこには会えませんでした。家の中にいたのは3~4匹、そのうち人慣れしているのは1匹だけで、あとは棚の上の方でこっそりこちらをみていたり、あるいはそそくさと逃げ出したり。

K-r05367
棚の上からこちらをうかがう鼻ちょびちゃん(こちらの記事内リストの7の子、「少し臆病ですが、近くでじっと観察しています」の通りです)

K-r05364
一目散に逃げていくキジしろちゃん(こちらの記事内リストのたぶん11の子、「臆病ですが美人猫さんです」の通りです)

そんななか、ちょっと猫風邪を引いてしまって左目が開きにくくなっていたとんちゃん こと とんぷく丸くん(こちらの記事内リストの1の子)は、超フレンドリーに出迎えてくれました。チャシロ・1歳です。しっぽは長くてしましま。

K-r05265
とんちゃん:こんちわです。

K-r05296
とんちゃん:ぼくちゃん、ちょっとぐあいがわるいのです。
さるねこ父:お医者さんに、行ってみようか?

K-r05297
とんちゃん:おことわりするです。

その代わりに、とらきちさんにナデナデされて……

K-r05299

K-r05300

K-r05302
(あ、口が……)

K-r05303
鼻ぺろ。ちょっとタイミングに失敗。

K-r05304
とんちゃん:最高です~。

……でも、結局心配なので、車で40分ほどの島原市内のmatsuさんかかりつけの動物病院に連れていくことにしました。で、ついでに(未去勢だったので)去勢手術も受けさせることに。

K-r05309
驚きのあまり、さっきまで開いていなかった左目も見開いてます。ごめんね。

診察していただいた結果、とんちゃんに先んじて入院していた茶壷丸くんや三毛ちゃんと同じく、ウィルス性鼻気管炎でした。

K-r05321
だっこしてくれているmatsuさんにぶーたれるとんちゃん。

K-r05324
そっぽ向いたりなんかして。でもって、意外とキリッとした男前の横顔だったりして。

でも、チャシロは基本的にあっけらかんとしているのです。

K-r05338
とんちゃん:だっこしてくれたからいいのです。

K-r05337

ちらっとmatsuさんを見上げる、お茶目なとんちゃんでした。

とんちゃんの入院と入れ違いで退院となったのが、同じ猫風邪を引いていたみけちゃん(こちらの記事内リストの5の子、1歳・三毛・避妊済み)。

K-r05345
ちょっとカメラに緊張気味ですが……

K-r05341
みけちゃん:あれはだれかしら?

さるねこ父の右で写真を撮っているとらきちさんにロックオンしました。さすが三毛猫。

K-r05342
目がマジです。

K-r05346

K-r05347

K-r05351

K-r05352
そのあとは、さるねこ父の一眼レフのシャッター音にもびびらずに、じっとこっちを見てくれていました。

K-r05361
落ち着いた三毛猫さんだね。

 

matsuさんの車内で島原~南島原の行き帰りにそれぞれとんちゃん、みけちゃんを抱っこした感じだと、とんちゃんはにぎやかに鳴いておしゃべりでした。みけちゃんはじっとおとなしくて、脱走防止の洗濯ネット越しにでしたがさるねこ父の腕にからだとあごをもたせかけてくつろいでいました。どちらももがいたり、逆にぶるぶる震えたりすることもなく、かなり人慣れしています。まだ今は内外飼いの記憶があるので外に出たがるかもしれませんが、半年~1年もすれば室内飼いであることに不満を感じなくなるんじゃないかなあと思います。

 

とんちゃん・みけちゃんたちに興味を持たれた方は、さるねこ父までご連絡くだされば matsuさんに取り次ぎます。成猫14匹の里親探しということで、長期戦は覚悟の上とのことですが、少しでも早く里親さんがみつかることを祈ります。また、この記事の転載やリンクについても歓迎です(いちおうご一報いただけると助かります)ので、どうかよろしくお願い申し上げます。

関連記事

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ