スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこ算:不妊化手術の重要性

さるねこ父が昨年から参加している長崎伝習所塾企画「長崎の町ねこ調査隊塾」でこの3月に「ながさき町ねこハンドブック」というものを作成しました。そのなかにこんな記事を書きました。

 

カリカリとねこ算

 ペットフード協会の調査によると、2010年10月現在の全国におけるねこの飼育頭数は960万匹余りと推計されています。この推計を当てはめると、長崎県におけるねこの飼育頭数は11万匹弱になります。ずいぶんたくさんいるものですね。

 さて、日本でキャットフード(いわゆるカリカリ)が売られるようになったのは1970年代前半からです。それまでは、ねこのごはんと言えば、人間様の余りものだったり外でねずみを捕まえたりでした。これではそんなにたくさんのねこを養ったりすることはできませんし、自分の家からあまり離れたところでごはんをやるということもできませんでした。

 それが、カリカリが登場し、必要充分な栄養を手軽に与えたり、また持ち運べるようになって、公園や道ばたにいるたくさんのねこたちに「餌やり」するケースが増えてきました。栄養状態がよければ、ねこ1つがいから1年間に生まれてくる子ねこは(孫ねこの代まで含めて)40~60匹にもなります。ねずみ算ならぬねこ算で、ねこはどんどん増えていきます。

 町ねこたちにおいしいごはんをおなかいっぱい食べさせてあげるのもよいですが、避妊去勢手術を施したり室内できちんと飼うことをしないと、町はねこだらけになってしまいます。充分に食べられず、いつもおなかを空かせて餌やりさんのごはんを奪い合うことになるかもしれません……あれ? 満腹ねこの幸せな昼寝姿を見たかったのに、おかしいなあ……?

 

この記事に耕文舎のデザイナー加嶋夏子さんがすてきなイラストを付けて下さいました。

how_many_kittens

 

そこで、ながさき町ねこクラブさん長崎県地域猫活動連絡協議会で、このイラストを使って「不妊化手術の重要性」というちらしを作成してみました。

importance_of_neutering

PDF版(importance_of_neutering.pdf - 548kb)はこちらから閲覧・ダウンロードできます。A4判ちらしサイズになります。不妊化手術の推進のためであれば、どうぞご自由にご利用下さい(もし配ってみて「もっとこんなふうだったらいいのに」というようなフィードバックがありましたら、コメント欄に入れていただければ、できるかぎり対応したいと思います)。

関連記事

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

Comment

お疲れ様です

ちょうど チラシを作ろうと思ってたとこなので 
使わせていただきます!
子供にも解りやすくて かわいいですね。
すばらしいチラシだと思います!

ふれあいマイケルさま

ありがとうございます。
もし「こんな文章もあった方がいいなあ」
なんて要望ありましたら、
ぜひ教えて下さい。

あたいも印刷して利用しました

譲渡会で使いました!
要点がぱきっと分かりやすくて可愛いですね!
ありがとうございます(#^.^#)

猫と我々さま

今度このちらしを大量に印刷して長崎市内で配りますよ~。ちゃんと伝わるといいなあ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ