スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくら丼

長崎浜屋の「夏の北海道物産展」でいくらの醤油漬けを買いました。

〈根室市〉鮭匠 ふじい

北海道・道東のオホーツク側に位置する別海漁協で水揚げされるものを使用。古くは、江戸時代に将軍家に奉納されていた「献上西別鮭」のいくらの皮が程よく柔らかく、大粒なものを厳選。長崎のチョーコー醤油のうす口醤油にあごだしをブレンドし、長崎の味に合わせ、甘口仕立てにしました。(浜屋通信より)

K-r22723

いくら丼にしてみました。確かに甘口に仕上がっていて、馴れた味でした。

 

K-r22730

カンニャはお相伴なしね。

関連記事

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ