スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このペットフードは、適切で安全なものなのか?

我々さんのブログ「猫と我々」の記事を読みながら考えさせられたことがあります。まださるねこ父のなかで咀嚼しきれていないし、十分な情報を集めたわけではないのですが、考え始めた覚書として記しておきます。

 

始まりは、我々さんのこの記事です。

 

2001年に非常に残酷な動物実験をしていることが明るみになったアイムス(アイムス、ユーカヌバ)は、多くの製品において非常に残酷な動物実験をしているP&G(Procter&Gamble)と2008年に合併し、動物実験をしていないナチュラ社(EVO、イノーバ、カリフォルニアナチュラル、カルマ)は非常に残酷な動物実験をしているP&Gに2010年に買収されP&Gの傘下に。
えーーっΣ(゚д゚lll)
わたくしの今更具合にもビックリ?

 

アイムスの動物実験の話はググればごろごろ出てきますし、P&Gの話も有名で、さるねこ父も知っていました。アイムスの方はたとえば、腎臓サポート食の効果を確認するために、意図的に腎臓を摘出して1/8に腎機能を落とした犬で生体実験を行なっていたことが、スキャンダラスに暴露されています。

 

このブログをお読みの方の多くはねこ飼い・いぬ飼いさんのはずで、そうした話を聞けばおそらく強い嫌悪感を感じると思います。「えー、そんな酷い動物実験をしている会社の製品は、うちの子には食べさせたくない~」とまずは思うでしょう。 そんな「悪い」会社のフードじゃなく、「ちゃんとした・適切な」会社のフードを食べさせたい、はず。

 

そこから動物実験を行なっていない会社のフード(少なくとも残酷な動物実験は行なっていない会社のフード)を探し始めると、途端にフード難民になります(我々さんのフード難民ぶりは、記事1記事2記事3記事4)。信頼できる情報はそもそも限られていますし、その中からせっかく見つけた動物実験フリーのフード会社も、経営のために、動物実験を行なっている大手に買収されてしまっていたりして。

 

さるねこ父が知る範囲で、動物実験 (animal testing) フリー(もしくは給餌実験 (feeding trial) のみ)で製造していることをウェブサイトで表明しているキャットフードは、ワイソングヤラーソリッドゴールドといったオーガニック系の海外プレミアム・フード会社のものになります(ほかにもあると思いますし、逆にウェブサイトに書いてあることをそのまま信じていいのかという問題もありますので、参考情報としてとらえてください)。

もちろんそれなりにお高いものですし、通販でしか手に入らないし、決しておねこさまたちの食いつきがよろしいとは限らないし、特定の療法食が必要となった子には選択肢としてふさわしいかわからないし、と、動物実験フリーの道を究めようとすればかなりの困難は伴います。

 

スーパーやホームセンターで並んでいるメーカーの製品はどうなんだ、となると、興味深いことにほとんどが「何も書いていません」。ヒルズロイヤルカナンなど動物病院で販売されているものもそうですし、日清ネスレピュリナユニチャームアイシアもそうです。ご丁寧にもサイト内検索窓を用意して下さっていますので、そこに「動物実験」といれて検索をクリック! してみますと、どこも「検索結果は0件です」となります。してるとも、してないとも、書いてない。ノーコメント、です。NGワードなんでしょうかね。

 

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」という法律があります(2009年6月1日施行)。その第3条では、事業者の責務として次のように定められています。

 

第三条 製造業者、輸入業者又は販売業者は、その事業活動を行うに当たって、自らが愛がん動物用飼料の安全性の確保について第一義的責任を有していることを認識して、愛がん動物用飼料の安全性の確保に係る知識及び技術の習得、愛がん動物用飼料の原材料の安全性の確保、愛がん動物の健康が害されることを防止するための愛がん動物用飼料の回収その他の必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

 

ペットフードを製造するにあたっては「安全性の確保に係る知識及び技術を習得」するよう努めなければならない、ということになります。端的に言えば「それ、ペットに食べさせてだいじょうぶ、ねえ、ほんとにだいじょうぶ? 作ったものは、ちゃんと調べてよね」ってことです。どうやって調べるか? ここで動物実験と結びついてくるわけです。本物のねこ、本物のいぬに食べさせて、害がないかを確認しないといけない、ということになってくる。

通常の総合栄養食ならまだしも、特定の効能を謳った療法食になってくると、「半年食べさせましたけど、だいじょうぶですよ~」とかでは済まない。上に挙げたアイムスの例ほど苛酷でないにしても、その効能を謳うために「特定の疾患をもったねこ・いぬを2群に分け、片方にはその療法食を、もう片方にはそうでないものを与えて、療法食を与えた方に有意な効果が認められた」という結果を得なければならない。「そうでないもの」を与えられる群は、腎臓病や心臓病を抱えたまま治療を受けずに実験を受け続けなければならない。療法食というのは、それから逃れることは相当難しいだろうと思います。

 

「自分の飼いねこ・飼いいぬに、安全なフードを食べさせたい」「病気の子に、それにふさわしい療法食を食べさせたい」という、飼い主として当然の願いは、動物実験という「犠牲」の上に成り立っています。「そんなの、やめて!」ともちろん思うけど、もし企業が動物実験をやめたら、今度は自分の飼いねこ・飼いいぬを使って、自分で動物実験をやらなきゃならない羽目に陥ります。こうしたダブル・バインドから逃れる道筋は、さるねこ父にはまだ見つかりません。

 

それならせめて、と思います。少数の犠牲の上に多数の安全がもたらされているのが現実なら、せめて動物実験に関わる3R原則(Replacement 代替 / Reduction 削減 / Refinement 改善)だけでも徹底される社会にまずはしないといけない。どうしても動物実験が避けられないとしても、せめて苦痛を少なくするように、できるだけ数を少なくするように。もちろん、どんな動物実験が行なわれているのかという情報公開も必要になってくるでしょう。

今年成立が見込まれている「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正案では、しかし、実験動物に関わる部分は、医薬業界の大反対によって、すべて白紙に戻ろうとしています(cf. 地球生物会議ALIVE - 動物実験について再度訴えを!ジュルのしっぽ - 動物虐待大国・日本)。

 

「検索結果0件です」となることと、この業界の動きとは、不即不離のものだろうとさるねこ父は推測します。今はまだ、推測でしかありませんが。

 


 

ちなみに、うちのカンナさん・ふみさんが日々食べているのは、以前ストラバイト結晶で血尿を出したことのあるカンナさんはワイソングのユーレティックロイヤルカナンのベッツプラン メールケアを半々で、特に問題のないふみさんはワイソングのバイタリティを単品で食べています。そして時々、長崎県産の天然魚のお刺身をひと切れかふた切れもらいます。

 

K-r20046

 

IMG_1990

 

ずっと健康でいてね(その子たちの分まで)。

関連記事

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

Comment

No title

こんばんは
オヒサシぶりです。「動物実験」の話は、昔からフード系の他の世界でも
色々と調べれば。。。出てきますね・・・・。
最初に映像も観て知った時はショックでした。

本当に胸が痛くなる辛い話題です。
フードの話は、今日、さるねこ父さんのお陰で知る事ができました。

不幸な実験にあってるイヌ、猫、他の動物達の苦痛が少しでも軽くならないか・・・と
本当に願います。
まず、不幸な運命になる動物達の数を少しでも減らさねば!!と、本当に思います[cat_3]

mikishanさま

どうも、お久しぶりです。お元気でしょうか? Facebook の方はいかがですか? サポート申し出たかったのですが、あいにく自分はまだやってなくて……苦労している人の話はよく聞くのですが。

食の安全性の問題が関わると、動物実験が絡んでくるのでしょうね。
ペットフードもそうですけど、意識的になればなるほど、逆にそちらに手を染めざるを得なくなる構造があるような気がします。といって、安かろう悪かろう、売った後は知らないよ、というのでも困るわけで。

闇の中でこっそりとしかできないようなことをしているのなら、その上に築かれる医学・薬学の知見ってなんなんだろう、とふと思います。

ただいま反芻中

本当はペットにしてる時点で申し訳ないことをしているのに、あなた方ペットの為にフードを作るから仕方なく実験しますよ、人間と生活したければ避妊去勢しなさいね、何なら爪も抜いて声帯も除去しろと、何様か、人間様め、猫はそもそも海外からの船の中でネズミから書物などを守るために連れてこられて立派なお役目を果たしてくれたのに・・・とここでぐだぐだとまだ反芻中w
人は人で猫は猫で、でも仲良く一緒に生活できている気もするし、猫がいる生活は果てしなく幸せで猫さん達にも幸せに感じて頂きたいし、でもゆくゆくはペットなんて非常識、な世界になればええと思ふ。アニマルライツ!

Re: ただいま反芻中

なるほど、そっちに行くわけですね。でもやっぱり101回目のプロポーズしちゃいますよね。

人類が進化の過程で複雑な思考能力を身につけ、自然に働きかけて文化を築き上げてきた以上、すべて放り出して自然に還ること(ペットをなくしてしまうこと)はナンセンスな気もします。
むしろ、その複雑な思考能力を最大限駆使して、全体の再調和を目指すのが、自然のバランスを壊してしまった人類に与えられた課題なんじゃないかなと、そんなふうに思います。

調和

101回目のプロポーズは科学を過信してはいけませんよっていうテーマのラブストーリーでしたっけ?
確かに進化か退化の途中でどう転ぶかは分からないし、色んな可能性を秘めているからあれですけども、でーも、自分が実験される立場の身になってみたら納得できないし恐怖ですよ。絶対イヤー(>_<)
せめて3R、責めて3R、攻めて3R ←気のせいかちょっといい感じに展開。
わたくしも調和したいです。

Re: 調和

どんな実験をなんのために行なっているのか、その実態の一部でもクリアになれば、消費者の選択がなされるはず。
ねこ飼い・いぬ飼いに、動物実験ウェルカーム♪( ´▽`) じゃんじゃんやって、うちの子に安全なフードよろしくねっ(*≧m≦) なんて言うひとはいない、いないと思いたい。

淘汰されたくないフード業界は結託して、いや、あまり実験を明らかにしてしまうと、真似されて技術を盗まれてしまいますしおすし(=ω=;)、と逃げを打つ。あるいは、おたくさんも、安全でないフードで、きゃわゆいねこちゃん死んじゃったら泣いちゃうざんしょ(「 ゚Д゚)「ヤーイヤーイ、と弱みを突いてくる。
人任せにしないで自分でフードを作ってそれをあげるのも一つの対抗手段ですが、それで実験が減るわけではないとすれば、自己満足かなあとも思う。

モラルを欠いてるのは誰なのか、それをはっきりさせたいのに、また今回も薮の中になってしまうのなら、あきらめずに、では次こそは。

101回目のプロポーズは、あのセリフが強烈過ぎて、ほかのなんにも覚えてましぇん。

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ