スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M町の地域ねこ現場より

■6月9日 16:32 Nさん→さるねこ父宛てメール
お疲れ様です。また捨てられました。今度の子は二匹で多分白猫ちゃんと白黒猫ちゃんです。目が開いて間もない位です。かなり状態が悪く、目やにで目が開かずかなり拭いてあげました。毛もボロボロです。とてもかわいそうです。でも、これ以上家に連れて帰る事も出来ません。とても心苦しいです。
 
□6月9日 17:35 さるねこ父→Nさんに電話
状況確認。建物と建物のすきま部分に押し込むようにして遺棄。鳴き声に気づくも、人間が入り込めないすきまであるため、レスキュー難航、なんとか2匹を保護する。健康状態は悪く、固形物・流動物は受け付けない。Sさんが、子ねこ用のミルクをシリンジで少しずつ与えるが、白猫の方はほとんど飲み込めない状態で、ほんの少し口の周りを湿らすようにして時間をかけて授乳。ノミだらけで、たんぽぽちゃん・ひのきくんを保護しているNさん宅に連れ帰ることは断念。現場の事務所内で保護することとする。週明けまでもつかどうか、難しい。
 
■6月11日 21:13 Nさん→さるねこ父宛てメール
捨て猫二匹は、頑張って生きてます。白ちゃんが女の子で、白黒ちゃんが男の子でした。
 
■6月12日 13:58 Nさん→さるねこ父宛てメール
すみません。ちょっと質問なんですが、ペティオのノミ、ダニスプレーというのを以前格安で購入してたのですが、それを今回のチビちゃん達にスプレーしても大丈夫でしょうか?あまりにもノミだらけでかわいそうなので。
 
□6月12日 14:19 さるねこ父→Nさん宛てメール
あんまり効かないと思いますが、していけないことはないと思います。ほんとはレボリューションかフロントラインですけどね……1500円くらいしましたよね(。-_-。)
 
□6月12日 14:24 さるねこ父→Nさん宛てメール
こんなページも参考になると思います。ケータイで見られるかは?です。
http://www.nekohon.jp/zy-idea-hogo-nomi.htm
 
■6月12日 14:40 Nさん→さるねこ父宛てメール
アドバイスありがとうございました。ノミの駆除携帯で見れました。とりあえず、ノミ取り櫛で取ってみます。白ちゃんの方がかなり弱ってるので…
 
□6月12日 14:50 さるねこ父→Nさん宛てメール
とりあえずそうですね。あと、とらきちさんがフロントラインのスプレーをお持ちのはずです。いっときそれで緩和できるかもしれません。訊いてみますね。
 
■6月12日 14:52 Nさん→さるねこ父宛てメール
忙しいのにすみません。よろしくお願いします。
 
□6月13日 03:33 Nさん宛てに届くようにフロントラインスプレー250mlをAmazonで注文
 
■6月13日 15:58 Nさん→さるねこ父宛てメール
こんにちは。お疲れ様です。写真は少し見やすくなったひいらぎ君です。何とかミルクを飲んで頑張ってます。白ちゃん(つゆちゃん)は残念ながら先程亡くなってしまいました。助けてあげられませんでした。
20120613155230
 
□6月13日 16:07 さるねこ父→Nさん宛てメール
いつもお疲れさまです。しろちゃん、持ちませんでしたか……。また紹介記事を書いておきます。つゆちゃんの分も。
 
■6月13日 18:53 Nさん→さるねこ父宛てメール
いつもありがとうございます。あまりにもかわいそうな状態なので写真も撮ってあげられませんでした。申し訳ないです。でも、つゆちゃん頑張って生きてました。
 
□6月13日 19:03 さるねこ父→Nさん宛てメール
つゆちゃん、今度は最初から優しい人のところへおいでね。
 
□6月14日 15:34 Amazon→さるねこ父宛て出荷連絡メール
本日ご注文商品をヤマト運輸で発送いたしましたのでご連絡申し上げます。

ひいらぎくん(シロクロ)、つゆちゃん(シロ)は、おそらくノラの母ねこが産んで母ねことはぐれた子(もしかすると、母ねこが育たないと判断して育児放棄した子)でしょう。母ねこと引き離された状態の子ねこは、急速に健康状態が悪化します。弱い子はその段階で亡くなりますが、ある程度生命力がある子は、必死に鳴き声を上げて母ねこを探します。

その鳴き声に気づいた人がどんな人かによって、子ねこの生死は決まります。残念ながら、ひいらぎくん・つゆちゃんの鳴き声に最初に気づいた人は、十分に優しい人ではなかった。必死で泣くひいらぎくん・つゆちゃんを持てあましたその人は、おそらく何日か経ってどうしようもなくなり、目の前で子ねこに死んでほしくなくて、とにかく目の前から子ねこがいなくなってほしくて、Nさんのところに捨てに来た。そんなふうに想像しています。

 

本当に冷たい人なら、子ねこが鳴こうがわめこうが無視するでしょう。気にしながら、気にしながら、でもどうしようもなくて、「あそこはねこの世話をしている人のおるけん、なんとかなる」と聞いたことのある場所に捨てた。もしかしたら、助けてもらえるかなあ、と。自分では助けられないけれども、でも自分のせいで死なせるのはいやだから、そうした。捨てながら、「でも、わたしは殺したわけではない、わたしはできるだけのことをした、たぶんあの子たちは助かるはず、助かるはず」と唱えながら家に帰った。

 

冷たい人ではないのでしょう。優しい人なのかもしれない。でもその優しさは、身勝手な優しさです。他人の善意にすがっているだけです。

 

すがられたNさんとSさんは必死に助けようとしましたが、母ねこから離されて時間の経ってしまった子ねこは、動物病院に預けても助けるのは難しいのが普通です。最期を看取るつらい役目をNさんとSさんはまた味わいました。

 

だれに責任があるのでしょうか。確かに捨てた人には責任がある。でもそれだけではなく、ひいらぎくんとつゆちゃんを産んだ母ねこを、きちんと避妊させていなかった誰かにも責任はある。ひいらぎくんとつゆちゃんのお父さん=去勢していないオスを放置していた誰かにも責任はある。父ねこも母ねこもノラなのだったら、その親、またその親を放置していた誰かに責任がある。

 

「誰か」を特定することが重要なのではない、とさるねこ父は思います。「そういう風潮の社会」に問題があるのであって、「社会全体の意識を変えること」が重要なのだと思います。わたしたちみんなに、責任がある。

関連記事

テーマ : 地域猫
ジャンル : ペット

Comment

NさんとSさん

本当に本当にお辛いでしょうね。
もしまた捨て猫を見つけたら、という話をたまにするのですが、誰にも保護できる余裕は無いし、でも見つけてしまったら見つけた人が保護するしかないんですよね、答えは一択(>_<)

Re: NさんとSさん

今でこそ現場にいるメスは不妊化が済み、あまり子ねこがうろちょろしないようになったので、以前に比べれば子ねこの遺棄は減ってはいるかもしれません。
わたしたちが現場に入って明後日でちょうど1年になります。それ以前がどうだったのかは、NさんやSさんにあまり詳しく尋ねたことはないですが、きっと一言では言い尽くせない想いがあると思います。

善意のただのりに後ろめたさを感じるような世の中にしないと、ですね。ねこのことには限りませんし。

一択……ですね、やっぱり。

いつも有難うございます

初コメさせて頂きます。
猫さんたちの事勉強中で、いつも、判りやすく書いて頂いて助かります。

単なる猫好きで、飼えるようになったら里親になろう。
その程度の私みたいな人沢山いるんですよね。

でも、知ってしまったら、同じ猫好きなら避けられないはず‥
そう信じて、こんな現状だよと伝えたいと思っています。
えぇ、話好きなオバサンですから、猫好きなオバサンには必ず!

そして、マイケルさんの所で、そらの写真のお話有難うございました。
でも、大切な猫さん達へのお時間を使って頂くのは、心苦し過ぎます。

わんにゃん会さんのアップ分だけで、十分宝物になっています。
ありがとうございます。嬉しかったです。




非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ