スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お墓で花火@ながさき

ながさき(とりあえず長崎市内、佐世保とかよその市はどうだかよく知りません)では8月14日はお墓参り、8月15日は精霊流し(しょうろうながし)です。お墓参りでは、単に墓掃除をして線香を上げるだけでなく、昼間から盛大に爆竹を鳴らし、箭火矢(やびや=ロケット花火)や打ち上げ花火を上げてにぎわいます。盆提灯でお墓の周りをぐるりと囲んでいる派手な場景もよく目にします。ながさきのお墓参りには、逆立ちしても「しんみり」とか「おごそか」という形容詞は似合いません。むしろ「嬉々として」「にぎやかに」みんなお墓参りをしています。特に、子どもたちは。

 

精霊流しの方は、それでも観光資源にもなったりして、徐々に他県の人にもその実際を知られるようになってきていると思いますが、「お墓で花火」の方は想像がしづらいことと思うので、地域ねこ現場の写真を撮りに行きがてら、M町のお墓の様子を撮影してきました。

 

まず、だいたい16時半ごろの状況です。

K-r28620

みなとから続く斜面地には、段々畑のように墓地が階段状に並びます……といっても、これではなんだかわからないと思うので、部分部分を拡大してみましょう。

 

K-r28620-001

クリックすると2倍ほどに拡大しますが、これでも十分わかるでしょうか。「紅白」の盆提灯がお墓の敷地のへりにぐるっとめぐらされています。「お墓で紅白」は、他県出身者からするとあり得ない配色ですね(お墓は「白黒」ですよね)。

 

K-r28620-002

左下・右上、2カ所でなにやら煙が立ち上っています。これは線香を盛大に燃やしている……のではなく、子どもたちが爆竹を鳴らしたりしている煙です。見ているかぎりでは、里帰りしてきた孫たち=いとこ同士が集まってやるのがふつうだと思います。

 

K-r28620-003

画面真ん中黄緑の矢印の先のお墓では、きちんと拝んだりしてちょっとおごそかな雰囲気が漂っていますが、画面上方・下方オレンジの矢印の先のお墓では、隣のお墓の塀にもたれて子どもたちの花火を見守ったり、それを写真に撮っていたりと、いたってラフな感じです。まるで浜辺でバーベキュー&花火大会のノリです。

 

墓地への入口では、お墓で使う爆竹や花火の屋台が出店していました。

IMG_2426

花火選びは、子どもが中心ですが、一緒についてくる親御さんたちも「こっちもいいな、あれも入れとけ」みたいに熱く子どもたちにアドバイスをしているのがほほえましい。

 

夕方17時半を過ぎてくると、爆竹・箭火矢の音もひっきりなしになってきます。「どう考えても箱ごと火を付けてるだろ?」というレベルの爆竹の雷鳴もあちこちで。

K-r28912

山火事か? ってくらいの煙に包まれる墓地。

【動画:お墓で花火 ♪ 】

 

 

15日は精霊流しです。以前記事にしたことがありますが、今年はどうするかなあ……。

関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

Comment

お久しぶりです

お墓で爆竹とは!はじめて知りました。
長崎は被爆したから、他とちょっと違うのかな?
長崎の子供たちが大きくなり 県外にでて、お墓参りで爆竹したらきっとびっくりされますね(笑)
子供にとって、お墓参りが楽しい行事の一つになるのもいいのかもしれませんね。
やりすぎは困りますが~[cat_5]
勉強になりました。ありがとうございました。

ふれあいマイケルさま

お返事遅くなりました。

長崎だけが周りと違うことの説明として、江戸時代の鎖国当時から中国文化が入り続けていたからだ、と言われています。沖縄もやはりお墓でにぎやかしく先祖行事をしますが、両者が類似しているのもやはり中国の影響、ということだそうです。

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ