スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25分の1と168

今日の長崎市動物愛護フェスタで、オフィスさるねこから出展したパネルです。

 

2012-0922_cat

この数字は、昨年度1年間に長崎市動物管理センターに持ち込まれた猫1,958匹のうち、ボランティア団体や一般の方に譲渡された猫、つまり生き延びることができた猫の割合を示したものです。その数76匹。残りの1,882匹は、炭酸ガスによる致死処分となりました。

センターには毎日のように猫が持ち込まれます。多いときにはその数は1日30匹以上に上ります。「庭でノラネコが子猫を産んだから」「引っ越しで飼えなくなったから」「餌やりを周りからとがめられたから」「高齢で入院することになったから」――そんな人間の都合で、猫たちは25分の1しか出られない檻の中に入れられるのです。

もしそれが猫ではなくあなただったら――と考えてみて下さい。

 

2012-0922_dog

今年7月30日、長崎市動物管理センターの収容犬7頭が薬物注射による致死処分となりました。今年2月13日以来、168日間続いていた「犬の殺処分停止」が途絶えました。

長崎市の犬の殺処分数は、猫に比べれば2ケタ少ない数です。その数は昨年度1年間で36頭。決してゼロにできない数ではありません。「鑑札・迷子札をつけること」「飼い犬が迷子になったらちゃんと探すこと」「放し飼いにしないこと」「最期まで愛情を持って一緒に暮らすこと」――こんなごくあたりまえのことを皆が守れば、長崎市の犬の殺処分は限りなくゼロに近づけることが可能です。

168を365、500、1000と伸ばすには、飼い主のみなさんのちょっとした心がけで実は十分なのです。

関連記事

テーマ : 長崎
ジャンル : 地域情報

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ