スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K町のねこさん(1)

と、タイトルにしたのはいいですが、よく考えるとあっちこっちのカ行で始まる町内のまちねこを撮ると全部「K町のねこさん」になってしまうわけで、自分の覚書としてはちょっと困るということに気づきました。

なので、7/13の記事の「K町のねこさん」はK-I町のねこさん、7/268/38/89/12のはK-II町のねこさん、今回のはK-III町のねこさん、ということにします。

 


 

さて、最初に出くわしたのは大きなキジシロくんでした。

 

K-r32183

 

K-r32198

 

K-r32205

わりとフリーダムな感じ。

 

K-r32224

キジトラちゃんが草葉の陰からこんにちは。

 

K-r32253

けっこう年がいっているのか、あちこち白い毛が目立つ喉元シロのクロネコさん。右耳は、耳カットではなく、ケンカ傷です。

 

K-r32263

しっぽ長い。

 

K-r32266

ねこ溜まり発見。餌やりさんがいるようです。

 

K-r32275

手前のキジねこさんは、ちょっとおすまし。

 

K-r32282

門扉の内側にいたキジねこくん(たぶんオス)は、いつの間にか先の階段へ。

 

K-r32278

これはまた別のキジねこくん(たぶんオス)

 

K-r32294

内外飼いっぽいチャシロくん

 

K-r32300

この家は空き家です。どうもここに餌やりさんは勝手に入り込んで、餌もゴミも置きっぱなしらしい(-_-)。

 

K-r32307

上の写真の空き家の庭にいたキジねこ。キジねこは、少なくともこの4匹。

 

K-r32316

玄関先でごはん待ちの面々。

 

K-r32326

「ええ、そうですが、何か?」

 

K-r32329

この薄茶キジの飼い主さんには、10分ほど前に出会って立ち話をしました。「ここはノラねこの多かけん、持ってって! あ、うちの子は持ってかんでよ」と言われました。

 

K-r32333

すげえ美人さんでした。

 

K-r32365

ちょっと幅の広いハチワレのシロクロさん。

 

K-r32348

少しキツめの顔立ちで、やっぱり美人。

 

K-r32355

めちゃめちゃ人なつこいクロネコくん。人間を見ると一直線に駆け寄ってきて、足下にスリスリし、ナデナデを要求。

 

K-r32354

少し体調が悪そうな感じのキジねこさん。子育て中の母ねこかもしれません。

 

K-r32361

これが子ねこ。目やにと鼻水でぐちゃぐちゃですが、この子も人が大好きでずんずん寄ってきます。2ヶ月ならないくらいかなあ。こういうのを見ると、せつないです。

 

K-r32357

「かまって、かまって~」

 

全体としてみると、比較的健康状態は悪くない方ですが、内外飼いは当然、餌やりも当然、な感じで、一時は数十匹までノラの頭数が増えたのだそうです。それを、自治会長さんが毎月回覧で「餌はやらないように」と回したことで、減ってきたらしい。「餌はやらないように」というのは、しかし、結局周囲の別の町内にねこが流れていくだけのことで、問題の本質的な解決にはなっていません。「室内飼い」と「不妊化手術」が伴っていかないと、自分のところで困らなくても、他の地区では困ることになる。「自分の地区さえよければいい」というのは、やっぱり対策としては「下策」だと、さるねこ父は思います。

関連記事

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ