スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎市動物管理関連統計(1990~2011年)-その2A

前回の記事で「その2では、収容・引取り・処分・譲渡についてまとめてみます」と書いたのですが、いざまとめようとしてみると、うまくまとまらないことに気づきました。統計の取り方や区分がころころ変わるのですが、それを含めて、ちょっと細かく見ていこうと思います。

 

まず、一番古い1990~94年のデータが載っている平成6年度版の「傷病犬猫の収容及び引き取り」です。(もともとは1a/1b/2a/2b/4a/4b/5a/5b/6のみが掲出されており、またその番号は元資料にはついていません。7a/7bは別掲数値を再掲、3a/3b/7c/8a/8b/8cはさるねこ父で独自に計算しています。)

 

5. 犬猫の収容及び引き取り
項目 1990 1991 1992 1993 1994
1a.不用犬猫箱による引取数(犬) 1,277 1,064 124 113 119
1b.不用犬猫箱による引取数(猫) 6,186 5,693 523 430 396
2a.センター引取数(犬) 107 174 858 776 789
2b.センター引取数(猫) 29 384 5,010 4,427 4,071
3a.箱回収+センター引取数(犬) 1,384 1,238 982 889 908
3b.箱回収+センター引取数(猫) 6,215 6,077 5,533 4,857 4,467
4a.一般譲渡数(犬) 152 141 76 96 144
4b.一般譲渡数(猫) 42 46 17 34 31
5a.学術研究用譲渡数(犬) 139 133 118 66 41
5b.学術研究用譲渡数(猫) 84 - 31 30 -
6.安楽処分数 7,669 7,466 6,738 5,999 5,616
7a.捕獲犬数 560 513 540 538 514
7b.返還犬数 73 42 75 59 57
7c.推定捕獲犬処分数(7a-7b) 487 471 465 479 457
8a.推定殺処分数(犬/捕獲犬含む)
 (3a-4a-5a+7c)
1,580 1,435 1,253 1,206 1,180
8b.推定殺処分数(猫)
 (3b-4b-5b)
6,089 6,031 5,485 4,793 4,436

※不用犬・猫の引き取りは当センター(平日受付)及び市内12支所に設置した不用犬猫箱(月1回回収)で行う。
※安楽処分数には捕獲犬のうち返還されなかったものを含む。

 

 

「不用犬猫箱」「学術研究用譲渡数」という表現には軽くめまいを覚えますが、1994年、つまり18年前の長崎市では、ごくあたりまえのように、なんのためらいもなく、これらが社会に存在を許されていたということになります。

 

1991年度までは、動物管理センターでの引取数はごくわずかで、ほとんどが月1回の「不用犬猫箱」によるものだったということは、「要らなくなったいぬ・ねこは粗大ごみ同様」の感覚だったということです。たった20年前の話です。1992年度に切り替えがあって、不用犬猫箱回収による引き取りは1割台に減り、センター窓口での引き取りが主となったことが、この資料からわかります。

 

また、学術研究用譲渡とは、動物実験への使用とほぼ同義と考えられますが、一般譲渡と学術研究用譲渡の頭数比率は、年度に依りますが、この時期でならしてみるとほぼ半々だった、というのもショッキングなことです。その後のデータをみると、学術研究用の猫の譲渡はこの表内の1993年度が最後、学術研究用の犬の譲渡はその後も続いて2002年度が最後です。

 

 

次回その2Bでは、ここから少し時系列的に降っていってみたいと思います。

関連記事

テーマ : ペットと行政
ジャンル : ペット

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ