スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこの脱走防止策について(窓編)

玄関編・ドア編に続いて、窓編です。

 

窓については、(1) 窓を網戸にしていてもねこが出られないようにする、(2) 窓をねこが開けられないようにする、の2つが必要です。

(2)については「窓用防犯カギ」や「網戸ストッパー」を使います。粘着タイプの網戸ストッパーは、経時劣化などで粘着面が弱まるので、面倒でも窓用防犯カギの方が有効です(さるねこ父は、網戸ストッパーがついているのを忘れて窓を無理やり開けてしまい、ミッフィー柄網戸ストッパーをダメにしました)。

 

(1)については、窓をワイヤーメッシュやラティスなどで覆ってしまうやり方が一般的です。掃き出し窓か腰高窓か、窓枠の形状や材質などによって、いろんな方法があります。

 

2013-0130_image-10858272434-11159680513

とらきちさんのところのパイちゃんはこんなことをしていたので……

 

2013-0130_image-10858272434-11159063316

突っ張り棒とワイヤーメッシュと結束バンドで、こんな感じに

 

2013-0130_image-10933085242-11310717720

ガラス窓は、これ以上開かないように窓用防犯カギをしかけてあります。これがないと、窓と同じ幅の巨大なワイヤーメッシュが必要になるので、費用がかさみます。

 

2013-0130_image-10858272434-11158969825

別の窓も同じようにされて抗議するパイちゃん。

 

作り方の細かい点などについて、詳しくはとらきちさんのこちらの記事へ。

 

カエデさんのところでは、ラティスを使って、もう少し本格的に仕上げてあります

2013-0130_image-11248296477-11968107945

 

2013-0130_image-11248296477-11968107946

ちょうつがいで開くようにしてある。賃貸物件だとこれはできないですね。

 

床面からの掃き出し窓だと、けっこう大がかりになります。

2013-0130_image-11434360750-12347464272

猫の会.さんから譲渡されたはなちゃん(旧しふぉんちゃん)のお宅では、こんな感じで左の窓全面に内側にワイヤーメッシュを設置されているようです。

 

ここまでするのは大変ですが、最低限「窓用防犯カギ・網戸ストッパー」だけはしかけておかないと、ねこさんは簡単に網戸は開けられます。引いて開けるのを覚えた子に対してはこれが有効です。徳島猫ふれあい館マイケルさんのところ(譲渡型ねこカフェ)では、全部の窓に防犯カギをしかけられています

 

ただ網戸はよじ登る子もけっこういて、その場合体重で網戸が外れて脱走するケースも少なからずありますので、用心を重ねるに越したことはないです。

 


 

その他、「ねこ 脱走防止」でネット検索すればいろんな事例が出てくると思いますが、写真も対策事例も豊富なページを最後に2つご紹介しておきます

 

 

脱走防止策に完璧はありません。でも、少しずつ穴を埋めていくことで、ねこさんたちにとってより安全な家にしていくことは、だれにでも可能です。ねこを逃がしてしまって「しまった!」と真っ青になる前に、まずはいろいろ調べて、試してみて下さい。

関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment


非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ