スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M町地域ねこ現場の茶太郎おじちゃん(チャタロウオジチャン)が亡くなりました

茶太郎おじちゃんがM町の地域ねこ現場に現れるようになったのは、2011年12月半ば過ぎのことでした。既に壮年期に入ったオスねこで、最初は現場の先住ねこたちと喧嘩しいしい居つくようになりました。

 

2012/02/03 チャタロウ(新顔、2011/12後半~、左目不良)

2012年2月3日撮影、左目の調子が悪く(そもそも瞬膜が出やすい子でした)つぶっています。

 

その後も、ほかの子たちと積極的に絡む方ではなく、NさんやSさんとじゃれあったりするでもなく、1匹で少し離れてじっとしているようなことが多かったように思います。

 

K-r20697-001

K-r20824-001

2012年3月27日撮影、おきまりのポーズの茶太郎おじちゃん

 

K-r21472-001

2012年4月21日撮影、ハマダイコンの花を背景に

 

K-r24939-001

2012年6月17日撮影、カリカリをもらう。アーモンド型の目が茶太郎おじちゃんの特徴。

 

K-r24805

同じく2012年6月17日撮影。しっぽは長かった。

 

K-r25974-001

2012年7月15日撮影、日陰で涼む

 

K-r28682-001

2012年8月14日撮影、右脚の傷が痛々しい。この2~3日前から傷口がぱっくり割れて血が出ていたようで、もしかすると釘の頭でひっかけたりしたのかもしれない。

結局この傷が、かさぶたになって治りかかるとまた開いたり、気になるのか何度も舐めかじってしまったりして、最後まで治りませんでした。

 

K-r29583-001

2012年8月22日撮影。暑い。

 

K-r31733-001

2012年9月7日撮影

 

K-r33262-001

K-r33266-001

2012年10月14日撮影

 

脚の傷を抱えながらも、どうにか冬を越した茶太郎おじちゃんでしたが、3月に入ってからめっきり体力が落ちて、その代わり甘えんぼうになりました。

 

K-r36993-001

K-r36998-001

Nさんの足にすりすりする茶太郎おじちゃん。右足の傷はただれていますが、そんなにものすごく痛そうに引きずったりはしていなかった。

 

K-r37004-001

頭をすりつけて甘える茶太郎おじちゃん。

 

IMG_3721-001

なんだか子どもみたいな顔に見える。

 

K-r37108-001

以上、2013年3月12日撮影、茶太郎おじちゃんを撮った最後の日です。

 

3月も終わりかけの、桜の花も散り始めた頃から、茶太郎おじちゃんは刻一刻と弱ってきました。4月1日の夜にNさんたちが現場から帰るときに「体温が下がり、立ち上がることができなくなりました」というメールをもらい、翌朝2日に出勤されたときには眠るように亡くなっていたということです。

 

2013-04-03 17.36.20

いつもの花屋さん(浜の町のカロムさん)でお花をアレンジしてもらいました。

 

 

茶太郎おじちゃんがやってきたときに何歳だったのかはよくわかりませんが、最後まで歯は残っていたので、おそらく5歳ぐらいで現場にやってきて、7歳くらいで亡くなった、ということになるのではないかと思います。いつも控えめに現場で丸く座っていた茶太郎おじちゃんが印象的でした。安らかに。

関連記事

テーマ : 野良猫・地域猫
ジャンル : ペット

Comment

外猫の一生はケンカやけがもあり過酷だと思いますが、その分自由があるからでしょうか、どの写真も味のある良い顔をしていますね。
こちらはきちんとごはんがもらえ、甘える相手も居るからでしょうが。
次はおうちの中でぬくぬく長生きするのも悪くないよ。

非公開コメント

いくつになったの?
15枚の写真からランダムに表示します
@sarunekofumi-zrssfeed
検索フォーム
ブログ最新記事

 

→ さるねこふみ別館ブログ

→ オフィスさるねこブログ

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
関連リンク
RSS Link
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント/記事
データ取得中...
カテゴリー/アーカイブ